高級カーシェア運営会社4社、破産を申請...今夏以降は個人オーナーへの配当も停止

高級カーシェア運営会社4社、破産を申請...今夏以降は個人オーナーへの配当も停止

  • レスポンス
  • 更新日:2020/11/20

東京商工リサーチによると、高級カーシェアサービス「スカイカーシェア」を運営するSERIASと関連3社は11月20日、東京地裁に破産を申請した。負債は現在調査中、債権者数はSERAISのみで約400名。

SERIASは、グループで高級車専門のカーシェアリングマッチングサービス「スカイカーシェア」を手掛けていた。スカイカーシェアは高級外車や高価格帯の国産車を主体に個人間で車をシェアするサービスを提供。「わ」ナンバーでないことを特徴にセールスを展開し、投資家向けに各地で勧誘セミナーなどを開催し、車両提供を提案していた。同社グループは約700人のオーナーから提供された車両を預かり、利用者に貸し出していた。投資家には、カーシェアの運営収入から車両代金や保険料、謝礼などが毎月支払われる契約で、契約満了後には一定のキャッシュバックが発生する仕組みとなっていた。

オンラインを通じた積極的な広告戦略で認知度を上げていたが、2020年に入ってからは新型コロナの影響で業績は伸び悩み、夏以降はオーナーに対する配当などの債務の支払いが不能状態に陥った。10月上旬には、事業を停止。11月14日、車両の返還に集まった約30人のオーナーに対し、代理人弁護士が近日中に破産を申請すると説明していた。

SERIASと同時に破産を申請したのは、ランドコアサービス、anchor、コーディアルの3社。それ以外のグループ5社も近日中に破産を申請する予定だ。

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加