瀬戸康史、深田恭子との“ロングキスシーン”撮影を振り返る「めちゃくちゃ...」

瀬戸康史、深田恭子との“ロングキスシーン”撮影を振り返る「めちゃくちゃ...」

  • E-TALENTBANK
  • 更新日:2021/10/14

10月13日深夜放送のTOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』に出演した瀬戸康史が、作品で共演した深田恭子とのキスシーンについて話す場面があった。

No image

今回の放送では、10月15日公開予定の映画『劇場版 ルパンの娘』の監督を務めた武内英樹氏と瀬戸がさまざまなトークを展開。

この中で、同作のドラマ版では、瀬戸と深田のキスシーンがあったとして、武内氏は、「俺も二十何年やってるけど、史上最長にキスシーンをやってもらったからね」「5分ぐらいやってた」と笑いまじりにコメント。

これに瀬戸が、「そんなやってた!?」と驚きの声をあげると、武内氏は、「その5分を何度も何度もやったもんな」「カメラのアングル変えて…」と説明し、瀬戸も、「めちゃくちゃカメラありましたもんね」と振り返った。

さらに武内氏が、「“絶対カットかけねぇぞ”と思いながらずっと…どこまでキスできるかな、と」と話すと、瀬戸は、「でも嫌じゃなかった」「深田さんのおかげですね」とコメントし、武内氏は笑い声をあげていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加