「マロン砲」ソフトバンク栗原4打点、シリーズ男だ

「マロン砲」ソフトバンク栗原4打点、シリーズ男だ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

ヒーローになった栗原陵矢はガッツポーズ(撮影・梅根麻紀)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人1-5ソフトバンク>◇第1戦◇21日◇京セラドーム大阪

ソフトバンク栗原陵矢捕手(24)が「シリーズ男」に名乗りを上げた。京セラドーム大阪で開幕した「SMBC日本シリーズ」に初めてスタメン出場し、初本塁打を含む3安打4打点と打ちまくった。

初打席の2回無死一塁で、巨人菅野から先制2ラン。6回にも中押しの2点適時二塁打を放った。クライマックスシリーズ(CS)では無安打に終わった若鷹が「栗」の季節にぴったりの「マロン砲」で息を吹き返し、シリーズ男に名乗りを上げた。

◇   ◇   ◇

瞬間、菅野をのけぞらせた。栗原が巨人のエースからたたきこんだ2ランは、単なる先制以上の重さがあった。

2回無死一塁。2ボールから甘く入ったスライダー。「クライマックスであれだけボロボロにやられていた。何も背負うものはないと思って、むちゃくちゃやってやろうと思っていました」。シリーズ初スタメン、ど緊張の中でがむしゃらに打った。菅野とは、プロ初打席だった17年6月13日の交流戦(東京ドーム)で、代打で二ゴロに打ち取られて以来2度目の対戦。会心のリベンジで喜びを爆発させる姿に、ベンチのボルテージもグッと上がった。

クライマックスシリーズ(CS)では先発メンバーで唯一、無安打に終わった。王球団会長から「三振してもいい。思い切っていけ」と背中を押された。故障でメンバー外の今宮からは「全国に栗原という名前をアピールしてこい」とLINEをもらった。「練習でやれることは全部やってきました」と気持ちを切り替え、初戦に臨んだ。

円陣ではたびたび、リーダー役の松田宣からむちゃぶりを食らう。栗原は芸人のギャグやモノマネを交え、巧みに仲間を笑わせる。シーズンで主砲柳田に次ぐ17本塁打、73打点を挙げた捕手登録の万能型。打力を見込み、開幕から84試合スタメン起用を続けた工藤監督に応え、ムードメーカーとしても欠かせない存在になった。

4回2死の第2打席でも右翼線へ二塁打。6回2死一、三塁では、左中間へ中押しの2点二塁打を放った。シリーズ初先発でいきなり3安打4打点。無安打だったCSから一転、打率10割でシリーズ男のムードも漂ってきた。「明日の自分はどうなるか分からないけど、ベストを尽くすだけです。チームが勝てばいいです」。未来へのロマンあふれるスラッガー候補の「マロン(栗)砲」。大収穫の秋にする。【山本大地】

◆栗原陵矢(くりはら・りょうや)1996年(平8)7月4日、福井県生まれ。春江工では2年春にセンバツ出場。3年時は高校日本代表で主将を務めた。14年ドラフト2位でソフトバンク入団。3年目の17年6月13日巨人戦で1軍デビュー。今季はロッテとの開幕戦でサヨナラ打を放つなど自己最多の118試合に出場し、17本塁打、73打点、打率2割4分3厘。179センチ、75キロ。右投げ左打ち。今季推定年俸1000万円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加