ソフトバンク新外国人レイ8回1失点も来日初勝利お預け 工藤監督「素晴らしいの一言」

ソフトバンク新外国人レイ8回1失点も来日初勝利お預け 工藤監督「素晴らしいの一言」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

◇交流戦 ソフトバンク1ー1広島(2021年6月10日 ペイペイD)

No image

<ソ・広3>4回無死、林のニゴロを川島が好捕しガッツポーズするレイ(撮影・岡田 丈靖)

本拠地初登板となったソフトバンク、コリン・レイ投手(30)が8回1失点の好投も来日初勝利はお預けとなった。

「調子はとても良かったです。拓也(甲斐)が良いリードをしてくれたし、しっかりとコミュニケーションを取りながら投げることができた。全体的に良い投球ができたと思います」

身長1メートル96から投げ下ろす最速152キロの直球と120キロ台のナックルカーブを組み合わせ7三振。緩急を自在に操った投球に工藤監督は「素晴らしいの一言。8回まで99球でリリーフ陣を助けてくれた。ナイスピッチング」と褒め称えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加