広島森下は3回3安打無失点、今季初実戦

広島森下は3回3安打無失点、今季初実戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

練習試合 阪神対広島 広島先発森下暢仁(撮影・清水貴仁)

<練習試合:阪神4-3広島>◇21日◇かりゆしホテルズボールパーク宜野座

昨季新人王で開幕投手候補の広島森下暢仁投手(23)が、阪神との練習試合(宜野座)に先発して3回3安打無失点、無四球と今季初実戦で上々のスタートを切った。

1回、2死から阪神の注目新人佐藤輝明内野手(21=近大)に右中間へ二塁打を打たれるも、続く4番陽川を緩いカーブで空振り三振に切った。2回も得点圏に走者を背負いながら、落ち着いて後続を打ち取った。

3回は2死一塁から味方のエラーで2死二、三塁とピンチを広げるも、4番陽川を外角低め152キロの直球で追い込み、最後は119キロのカーブで見逃し三振で締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加