高校生がマグロ漁に出港!2か月の体験実習 島根県

高校生がマグロ漁に出港!2か月の体験実習 島根県

  • 日本海テレビ
  • 更新日:2023/01/25
No image

島根県内の水産高校の生徒が、マグロ漁などを行う太平洋での海洋実習に出発した。海洋実習を行うのは、隠岐水産と浜田水産高校の生徒およそ50人。この日は隠岐の島町の西郷港で出港式が行われた。2か月間、実習船で生活をともにしながら水産技術を学ぶ。

島根県内の水産高校の生徒が、マグロ漁などを行う太平洋での海洋実習に出発した。

海洋実習を行うのは、隠岐水産と浜田水産高校の生徒、およそ50人で、この日は隠岐の島町の西郷港で出港式が行われた。生徒たちはこれから2か月間、実習船『神海丸』で生活をともにしながら水産に必要な技術を学ぶ。

式の後、生徒が船に乗り込むと、船と港を結ぶ色とりどりのテープで温かい見送りを受けながら、生徒たちを乗せた実習船は、太平洋へ向かった。

実習は3月まで行われ、マグロ漁を行うほか、船舶についての技能なども学ぶという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加