丸山桂里奈「北斗晶は姉のような存在」 お互いの夫に嬉しい共通点も

丸山桂里奈「北斗晶は姉のような存在」 お互いの夫に嬉しい共通点も

  • Techinsight
  • 更新日:2020/10/18
No image

タレントで元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈(37)が、9月に結婚した元サッカー日本代表の本並健治氏(56)、元プロレスラーでタレントの佐々木健介(54)・北斗晶(53)夫妻との4ショットをインスタグラムに投稿した。丸山が「結婚っていいな」思うようになったのも佐々木・北斗夫妻の影響が大きく、アスリート同士で愛犬家、夫の名前に“健”が付いていることなど共通点が多いという。

No image

「健介さんと我が旦那さま健治さん。2人とも、健ちゃんです」と丸山桂里奈(画像は『丸山桂里奈 2020年10月16日付Instagram「だいすきな2人です。」』のスクリーンショット)

かつて世間からのバッシングが続き辛い立場にいた辻希美や熊切あさ美は、北斗晶から厳しくも温かい言葉で励まされたと明かしたことがある。

2009年5月の『北斗晶オフィシャルブログ「そこのけそこのけ鬼嫁が通る」』に「若夫婦が一生懸命に育ててる子の成長を、一緒に何故喜んでやれない? 褒めてやれない?」、「これからも気にせずでっけ~リボン一杯、頭につけて、華やかにどっかーんとやれ」という記述がある。若夫婦の名前は出てこないが、明らかに辻希美に対するものだとされ、この北斗のブログを読んだ辻は『辻希美オフィシャルブログ「のんピース」』で「涙がとまりませんでした…」と綴っていた。この頃の辻は、服装や第1子となる長女の子育てについてネットを中心に激しくバッシングされていたのだ。その後、イベントやテレビ番組で共演する機会が増え、辻は北斗を“第二のお母さん”的な存在として頼りにするようになり、何かと相談に乗ってもらっていたという。

また2015年に人気歌舞伎俳優と“泥沼破局”と騒がれた熊切あさ美は、騒動の最中に北斗から「大丈夫か? 1人になるなよ」とメールをもらったことを、同年9月のブログ『熊切あさ美のMaybe☆めいビー』で綴っている。そして「言葉の暴力は殴られるより痛いよな、耐えろよ」と励まされ、「どれだけ救われたかわかりません」と熊切は心から感謝していた。

このように心が折れそうになっている人を北斗は見過ごすことができず、なんとか力になりたいとすぐに行動を起こすのだ。

10月16日の『丸山桂里奈karinamaruyama Instagram』には、番組で共演した佐々木健介・北斗晶夫妻との写真とともに北斗との思い出を記している。「W杯に選ばれなかった時も、電話で長い時間話したりいつも寄り添ってくれました」「snsが炎上したときも、大丈夫か? といつも声をかけてくれる」と悲しい時も嬉しい時も一緒にいてくれる姉のような存在だと感謝の気持ちを伝えた。これからは夫・本並健治氏と一緒に夫婦ぐるみの付き合いが増えていくことだろう。

コメント欄には「このショット最強だね」「やっぱりいい人が集まってくるのか!! これぞ夫婦の鑑」「私も北斗さんファミリー大好きです」「2組夫婦とも、顔が似てますね」「北斗さんご夫婦とかりなさんご夫婦は、凄く幸せオーラが出ていますね」「かりなちゃん、本並さん、楽しそうで良かったです」と4人の明るい表情がフォロワーを幸せな気分にしたようだ。

画像3、4枚目は『丸山桂里奈 2020年10月16日付Instagram「だいすきな2人です。」、2020年10月10日付Instagram「ほんじーつ。まだだいだいてきにはいえませんがとても素敵な経験をさせて頂きました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加