阪神・小幡が価値ある“詰まりの一本”「守ってる側からしたら痛い」指揮官は“曲芸師”へ期待

阪神・小幡が価値ある“詰まりの一本”「守ってる側からしたら痛い」指揮官は“曲芸師”へ期待

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇みやざきフェニックスリーグ 阪神3―2楽天(2020年11月22日 生目第二)

No image

<フェニックスL 神・楽>3回1死二塁、小幡は技ありの左前打を放つ(撮影・坂田 高浩)

阪神の高卒2年目・小幡が、初回から3打席連続安打を放ち、存在感を示した。宮崎ではセンターから逆方向への打球を意識してバットを振る。第1、第3打席は、直球を仕留めてセンターへ運ぶ会心の当たりで「しっかりはじき返すことができた」と振り返った。

そして、“クセモノ”ぶりを見せつけたのは、3回1死二塁で迎えた第2打席。相手左腕の投じた内角へのスライダーを腕をたたみながら捉えて、三塁手の頭上を越えていく左前打。クリーンヒットではないものの「守ってる側からしたら、ピッチャーも打ち取った当たりでヒットになるのは痛いと思うので」と納得の表情を浮かべた。試合前には、地面にボールを数個並べてゴルフスイングのようにしてネットに打ち込む練習にも着手。「ヘッドの重みを感じて、振り抜けばまっすぐ飛ぶけど、角度が悪いと引っかかる」と意図を明かした。

常々「嫌らしいバッターになれ」と言い続ける平田2軍監督は、試合後「(第2打席は)内からバットが出てるかた。詰まりながら…成長だよな。バットコントロールというかさ。広島の西川じゃないけど、そういうバットコントロールで自由に操れる選手になって欲しい」と期待。今年6月に広島・西川が阪神との練習試合で見せた“ワンバン打ち”の曲芸を来季は虎の背番号38が披露してくれるかもしれない。(遠藤 礼)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加