欧勝海が全勝で三段目優勝「うれしいです」元大関琴欧洲の師匠鳴戸親方が見守る中での快勝喜ぶ

欧勝海が全勝で三段目優勝「うれしいです」元大関琴欧洲の師匠鳴戸親方が見守る中での快勝喜ぶ

  • 日刊スポーツ(バトル)
  • 更新日:2022/09/23
No image

若ノ勝を押し出しで破り三段目優勝を決める欧勝海(撮影・河田真司)

<大相撲秋場所>◇13日目◇23日◇東京・両国国技館

三段目は東78枚目の欧勝海(21=鳴戸)が東33枚目若ノ勝(19=常盤山)との6戦全勝対決を制した。

立ち合いのぶちかましから一方的に押し出した。審判員の師匠鳴戸親方(元大関琴欧洲)が土俵下から見守る中での快勝に「今場所で一番いい相撲がとれたと思います。師匠の前でいい相撲がとれてよかった。うれしいです」と表情を緩めた。

自己最高位の西幕下7枚目だった昨年九州場所で左肩を痛めて途中休場した。続く初場所は「テーピングして出たんですけどダメでした」と再び途中休場。場所後に関節唇の手術。先場所、西序二段6枚目で復帰も4連勝の後、部屋の新型コロナウイルス感染の影響で休場となった。

不運が重なってきたが、めげずに「けがする前より強くなって、いい相撲をとろうと毎日考えて過ごしました」。7戦全勝で復活を果たし、来場所は幕下復帰が確実。「前より番付を上げて頑張っていきたいです」と関取の座に向けて再挑戦の自信をつかんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加