舞台『ムーミン』世界初上演を前に想いを明かす原作者の姿 映画『TOVE/トーベ』から本編映像の一部を解禁

舞台『ムーミン』世界初上演を前に想いを明かす原作者の姿 映画『TOVE/トーベ』から本編映像の一部を解禁

  • SPICE
  • 更新日:2021/09/16
No image

10月1日(金)公開の映画『TOVE/トーベ』から、本編映像の一部が解禁された。

『TOVE/トーベ』は、『ムーミン』の原作者として知られる、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの半生を描いた映画。ムーミンの物語のもととなったヤンソンの原体験から、いかに原作が執筆され、キャラクターたちが生み出されていったのかを、トーベの人生のあり方とともに描いた作品だ。物語は、1944年のヘルシンキから始まる。戦火の中でトーベ・ヤンソンは自分を慰めるようにムーミンの世界を作り、爆風で窓が吹き飛んだアトリエでの暮らしを始める。型破りな彼女の生活は、彫刻家である父の厳格な教えとは相反していたが、自分の表現と美術界の潮流との間にズレが生じていることへの葛藤、めまぐるしいパーティーや恋愛を経つつ、トーベとムーミンは共に成長していくのだった。自由を渇望するトーベは、やがて舞台演出家のヴィヴィカ・バンドラーと出会い、互いに惹かれ合っていく。

解禁された映像は、本作で『ムーミン』が世界で初めて舞台で上演された際に、思案するトーベや役者たちの様⼦を切り取ったもの。トーベは、舞台演出家・ヴィヴィカの強い勧めで、ムーミンたちの物語を舞台化することに。映像では、ようやく脚本を書き上げたトーベが、ムーミントロールを演じる役者から「なぜムーミントロールはいつも優しいんだ?」と、素朴な質問をぶつけられる。すると、ヴィヴィカは「嫌われるのが怖いから?」と推測。しかし、トーベはその答えに対して「彼は臆病」「いつも不安」「愛が彼を強くする、愛を邪魔されたら怒る」と、その想いを明かしている。また、舞台の上演シーンでは、役者たちがスナフキンやムーミンたちを演じ、その様子を満⾜げに⾒つめるトーベの姿も収められている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加