京本政樹が再婚 中傷に耐え、愛はぐくむ

京本政樹が再婚 中傷に耐え、愛はぐくむ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/23
No image

婚約発表する京本政樹(左)と元「CANCAN」の山本博美さん=1992年5月

俳優・京本政樹(33=当時)は1992年6月15日、東京・サレジオ教会で、元アイドルグループ「CANCAN」の山本博美さん(29=当時)と挙式した。披露宴には、歌手・中森明菜、山本さんの親友の三田寛子ら250人が出席し、門出を祝った。2人は京本が前妻との離婚前に知り合い、世間の批判にさらされながらも愛を育んだ。婚約会見では、輝くような博美さんの美しさが印象的だった。

【1992年5月29日付本紙より】(※プライバシーに配慮し、一部修正しています)

二枚目俳優の京本政樹(33)と元アイドルグループ「CANCAN(キャンキャン)」のメンバーで、女優の山本博美さん(29)が28日、東京・赤坂プリンスホテルで婚約記者会見を行った。6月15日に目黒のサレジオ教会で森田健作夫妻が立会人となって挙式する。

博美さんの左手薬指には、昨年の誕生日にプレゼントされたという2・5カラットのダイヤの婚約指輪が輝く。88年秋、京本が座長を務めた京都・南座の舞台に博美さん出演し、知り合い、その直後に京本が前夫人と離婚。世間からの誹謗中傷に耐えながら、昨年4月に「ついて来てほしい」とプロポーズしたという。

京本は「彼女が喜んでくれる顔を見たい一心で頑張った」とようやくこぎつけた幸せに喜びもひとしお。「子供は3人くらい欲しい」という博美さんに、京本も「きょうだいは多い方がいいからね」と笑顔で幸せをかみしめていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加