川内優輝が落胆「想定していた最悪を上回る最悪」

川内優輝が落胆「想定していた最悪を上回る最悪」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

1万メートル1組で必死の形相で走る川内(撮影・上田悠太)

<陸上:八王子ロングディスタンス>◇21日◇東京・上柚木陸上競技場◇男子1万メートル

「想定していた最悪を上回る最悪」「ここまで酷いと思わなかった」「もうダメです」「今日はどうしようもない」。レースを終えた川内優輝(33=あいおいニッセイ同和損保)の口からはネガティブな言葉ばかり続いた。その声は沈みきっていた。

1万メートルで30分17秒61。暖かい日差しがまぶしく、風もあって、記録を出すには厳しい気象コンディションだったとはいえ、悪すぎた。中盤からスピードに乗れず、前の集団からこぼれ落ちた。「垂れてから、すごくきた。粘れなかった」。レース直後はガックリと力なく、下を向いた。1万メートルの自己ベストは29分2秒33。今季はスピードを重視しながら、取り組んできた。調子は「悪くなかった」と「29分30秒」は狙えると考えていただけに、ショックも大きかった。

12月6日には福岡国際マラソンが控える。「調整も考えないといけない」と何とか前を向いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加