横浜流星、司会のミスを即フォロー 会場和ませる「ジュエリーの似合う男に」<第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞>

横浜流星、司会のミスを即フォロー 会場和ませる「ジュエリーの似合う男に」<第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞>

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/01/14

【モデルプレス=2021/01/14】俳優の横浜流星らが14日、「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」を受賞し、都内で行われた表彰式に登壇した。

No image

(写真 : 「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」男性部門を受賞した横浜流星 (C)モデルプレス)

【写真】戸田恵梨香・横浜流星・森七菜ら、ドレスアップで登場

◆横浜流星「“女優”の横浜流星です」

男性部門で表彰された横浜は「メンズジュエリーのトレンドリーダーになってほしい」という宝飾業界からの声で受賞。オールバックのヘアスタイル、グレーのスーツに18金のさくらダイヤモンドピンブローチを身に着け、登壇した。

直前に司会が「“女優”の横浜流星さん」と間違って紹介したため、「“女優”の横浜流星です」と開口一番挨拶し、場を和ませてフォローした。

「ジュエリーを身につける機会がなかなかないのでこのような賞を頂けて、ジュエリーを身につけさせて頂いて非常に嬉しく思っているんですがとても驚いています」と喜びのコメント。

「この日を機にジュエリーの似合う男になっていけたら。ジュエリーのように輝けるよう日々精進していきたいです」とさらに気を引き締めていた。

なお、横浜の後にスピーチに立った内田篤人も、「“女優”の内田篤人です」と重ねて挨拶し、会場を笑わせ、「良いパスもらったので決めなきゃなと(笑)」と話していた。

◆「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」受賞者

同賞は、過去1年間を通じて「最も輝いている人」「宝石が似合う人」を世代別、男性部門、特別賞のそれぞれに分けて選考し表彰するもの。

32回目の開催となる今年は横浜のほか、森七菜(10代)、新木優子(20代)、戸田恵梨香(30代)、小池栄子(40代)、斉藤由貴(50代)、田中美佐子(60代以上)、内田篤人(特別賞)が選出された。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加