6月11日の注目映画第1位は『東京リベンジャーズ』

6月11日の注目映画第1位は『東京リベンジャーズ』

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/06/11
No image

『東京リベンジャーズ』(C) 和久井健/講談社 (C) 2020「東京リベンジャーズ」製作委員会

6月11日に映画サイト「シネマトゥデイ」でアクセスの多かった注目映画ベスト10です。

第1位『東京リベンジャーズ』(7月9日公開)

(C) 和久井健/講談社 (C) 2020「東京リベンジャーズ」製作委員会

アニメ化もされた、和久井健のコミック「東京卍リベンジャーズ」を原作にしたSFアクション。どん底の生活を送る青年が元恋人を事故で失い、不良だった高校時代にタイムリープして事故の回避に挑む。監督を務めるのは『映像研には手を出すな!』シリーズなどの英勉。『とんかつDJアゲ太郎』などの北村匠海、『あの頃、君を追いかけた』などの山田裕貴、『羊とオオカミの恋と殺人』などの杉野遥亮のほか、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦らが出演する。

第2位『はるヲうるひと』(6月4日公開)

No image

(C) 2020「はるヲうるひと」製作委員会

俳優の佐藤二朗が主宰する演劇ユニット「ちからわざ」が2009年に初演した舞台を、原作者の佐藤自ら脚本、監督を担当し映画化。売春宿が点在する島を舞台に、行き場のない思いを抱える男女の姿を描く。主演を山田孝之が務め、そのきょうだいを佐藤と仲里依紗が演じるほか、ドラマ「10の秘密」などの向井理、『ノン子36歳 (家事手伝い)』などの坂井真紀らが共演した。

第3位『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(6月4日公開)

No image

(C) 和月伸宏/集英社 (C) 2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final / The Beginning」製作委員会

和月伸宏の人気コミックを監督の大友啓史と主演の佐藤健で映画化したシリーズの最終章となる2部作の第2弾で、主人公・緋村剣心の原点を描いたアクション大作。幕末を舞台に倒幕派の影の暗殺者として名をはせた緋村抜刀斎こと剣心の左頬に刻まれた十字傷の謎、不殺(ころさず)の誓いを立てた理由などが明かされる。佐藤をはじめ、妻の雪代巴を有村架純、桂小五郎を高橋一生が演じるほか、村上虹郎、安藤政信、北村一輝、江口洋介などが出演する。

第4位『HOKUSAI』(5月28日公開)

No image

(C) 2020 HOKUSAI MOVIE

「富嶽三十六景」などで知られる江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の謎多き生涯を、柳楽優弥と田中泯が演じた伝記ドラマ。貧乏絵師が北斎として江戸を席巻し、“画狂人生”をまい進する姿が描かれる。北斎の青年期を柳楽、老年期を田中が演じ、阿部寛、永山瑛太、玉木宏らが共演。メガホンを取るのは『相棒』シリーズや『探偵はBARにいる』シリーズなどの橋本一。

第5位『ジャングル・クルーズ』(7月29日公開)

No image

(C) 2019 Disney

ウォルト・ディズニーが1955年に開園させた最初のディズニーランドに、オープン当初から存在するアトラクション「ジャングル・クルーズ」を題材にした冒険スペクタクル。ボートでのジャングル探検をベースに、アマゾンの不老不死の伝説を絡めた冒険譚(たん)を描き出す。主人公を『ワイルド・スピード』シリーズなどのドウェイン・ジョンソン、ヒロインを『メリー・ポピンズ リターンズ』などのエミリー・ブラントが演じる。

第6位『いのちの停車場』(5月21日公開)

No image

(C) 2021「いのちの停車場」製作委員会

現役医師でもある作家・南杏子の小説を原作にした医療ドラマ。在宅医療を行っている診療所に勤めることになった元救命救急医が、さまざまな患者と向き合っていく。監督は『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』などの成島出。『最高の人生の見つけ方』などの吉永小百合、『居眠り磐音』などの松坂桃李、『一度死んでみた』などの広瀬すずのほか、田中泯、西田敏行らが出演する。

第7位『キャラクター』(6月11日公開)

No image

(C) 2021 映画「キャラクター」製作委員会

『アルキメデスの大戦』などの菅田将暉と、バンド「SEKAI NO OWARI」のメンバーで本作が俳優デビューとなるFukaseが共演するサスペンス。悪を描けない漫画家が、偶然目撃した猟奇的な殺人犯を参考に漫画のキャラクターを生み出すも、それにより人生を翻弄(ほんろう)される。原案・脚本を担当するのは、漫画原作者として「MASTERキートン」などを手掛けてきた長崎尚志。監督を菅田が主演した『帝一の國』などの永井聡が務める。

第8位『グリーンランド-地球最後の2日間-』(6月4日公開)

No image

(C) 2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

巨大いん石衝突による人類滅亡の危機に見舞われた世界を描くディザスタームービー。終末へのタイムリミットが迫り混乱が広がっていく中、生き残る方法を模索する一家を映し出す。主人公を『ジオストーム』などのジェラルド・バトラー、彼の妻をドラマシリーズ「HOMELAND」などのモリーナ・バッカリンが演じるほか、ロジャー・デイル・フロイド、スコット・グレンらが共演。『エンド・オブ・ステイツ』に続きジェラルドと組んだリック・ローマン・ウォーがメガホンを取った。

第9位『名も無い日』(6月11日公開)

No image

(C) 2021「名も無い日」製作委員会

久しぶりに日本に帰国した主人公の、故郷と家族の姿を描く人間ドラマ。『エリカ38』などの日比遊一が監督を務め、名古屋の街を背景に、主人公が弟の死について思いを巡らせていく。『光』などの永瀬正敏、『FOUJITA』などのオダギリジョー、『シャッフル』などの金子ノブアキが3兄弟を演じ、『さよなら渓谷』などの真木よう子らが共演。音楽を『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』などの岩代太郎が手掛けている。

第10位『女たち』(6月1日公開)

No image

(C) 「女たち」製作委員会

山あいの田舎町を舞台に、鬱屈(うっくつ)した日々を生きる女性たちを描く人間ドラマ。老いた親の介護や心の病など、さまざまな事情を抱える女性たちの生きざまを映し出す。主人公を『ミセス・ノイズィ』などの篠原ゆき子、その親友を『遠くでずっとそばにいる』などの倉科カナ、主人公の母親を『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』などの高畑淳子が演じるほか、サヘル・ローズ、筒井茄奈子、窪塚俊介らが出演。『銃2020』などを手掛けてきた奥山和由が製作、『おだやかな日常』などの内田伸輝がメガホンを取った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加