退任表明の三村知事が来年度当初予算を査定「未来への願いを込め臨みたい」

退任表明の三村知事が来年度当初予算を査定「未来への願いを込め臨みたい」

  • ATV NEWS
  • 更新日:2023/01/25

青森県の2023年度の当初予算案を精査する知事査定がきょう始まりました。
6月の任期満了での退任を表明した三村申吾知事は、「未来への願いを込めながら臨みたい」としています。

【写真を見る】退任表明の三村知事が来年度当初予算を査定「未来への願いを込め臨みたい」

2023年度は、県政の最重要課題である人口減少社会への対策などをまとめた県の基本計画「選ばれる青森への挑戦」が最終年度となります。
各部局からの予算要求額は約7323億円で、今年度より10億円ほど少なくなっています。6月28日の任期満了での退任を表明している三村知事は、今回が最後の知事査定となります。

※三村申吾知事「これまでの思い、あるいは未来への願いを込めながら、本日はまず国の一大改革の部分や本県の財政状況などについて説明を受け、予算査定に臨みたいと考えているところでございます。」

知事査定は、1月31日まで行われます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加