小野真弓 コロナ療養中を報告「4年ぶりくらいの体調不良」 療養3日目で熱は37度台に落ち着くも...

小野真弓 コロナ療養中を報告「4年ぶりくらいの体調不良」 療養3日目で熱は37度台に落ち着くも...

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2023/01/27

女優の小野真弓(41)が25日までに自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルスの療養中の様子を明かした。

No image

小野真弓(2014年撮影)

24日の投稿で「家で安静にしていますが、陽の光が入るだけで全然気分が違います コロナ自宅療養2日目。(発症から3日)」と自宅療養中であることを明かし、「熱39度1分。ひたすら高熱、+咳。あとは悪寒と関節の痛み。酷い風邪って感覚。インフルエンザにも似てるかな」と自身の症状を報告した。

「コロナが流行って、一度も風邪もひかずにきたので、4年ぶりくらいの体調不良です。このまま乗り切れると思ってたのになぁ くやしい」「人混みにも全く行かないし、飲み会などにも何年も行かず、マスクして換気して消毒して、気をつけていたつもりでも、どこかに隙があったのでしょう。。あとは疲れで免疫力が落ちていたのかな」とつづった。

「病院に行きましたが、特別な事はほぼなく、ふつーーの対応でした 一応、カーテンの仕切りの中で診察してもらいましたが、あとは至って普通。ちなみに、カーテン越しのお隣もそのお隣も陽性、って声が。コロナって、既に身近なものなんですねぇ。。仕事に行けず人に会えないのだけがつらたん」と記した。

25日の投稿では「コロナ自宅療養3日目(発症4日目)」としたうえで「熱が突然落ち着き37℃台に それと引き換えに 激しい喉の痛み 関節痛と、頭痛は引き続き、という感じ。でも、熱が下がると、大分らくです~」と経過を報告。「犬たちは散歩にも行けずなのに、ひたすら寝るという毎日に付き合ってくれてます 猫たちも見守りありがとう」と“家族たち”に感謝し、「ご近所仲間さんの差し入れや、仲間のサポートの優しさにも癒されながら のんびり生活、あまったれ生活、、これはこれで、楽しいかも 仕事を休ませて頂いてるのだけが、大変心苦しいところ。。」とつづった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加