今年大注目の「挽肉と米」は、もう行った?“挽きたて、焼き立て”のハンバーグを堪能した人はその味の虜に...

今年大注目の「挽肉と米」は、もう行った?“挽きたて、焼き立て”のハンバーグを堪能した人はその味の虜に...

  • isuta
  • 更新日:2020/10/18

最近、SNSで大人気の炭火焼きハンバーグ専門店「挽肉と米」。

6月にオープンしたばかりなのに、土日は午前中のうちに整理券が終わってしまうほどの人気ぶりなんです。

さっそく、気になるお店をご紹介していきます!

メニューに迷う必要なし!

No image

@_tr079lv / Instagram

「挽肉と米」のメニューに記載されている主な料理は炭火焼きハンバーグと炊き立てのご飯のみ。

「挽肉と米(税込1,300円)」はハンバーグ・釜炊きご飯・お味噌汁がセットになったメニューで、お値段もリーズナブル。1つ90gのハンバーグが最大3つまで同価格で食べることができるんです♪

“挽きたて、焼き立て、炊き立て”をコンセプトとしており、店名の通りその2つに最大限こだわったメニューになっています。

ライブ感満載のカウンター席

No image

@1997_she / Instagram

席は特注の炭火焼き台を囲んだU字型のカウンター。

目の前で職人さんが手作業でハンバーグを焼いている姿を見ることができます。

No image

視覚で楽しめる仕組みになっているのも、ポイントの1つです◎

見てるだけで美味しそうなのが伝わってきますよね♪

七変化するハンバーグの食べ方

No image

席の脇には6種類の「お肉のオトモ(モウさんの薬念・ジャンマー・大蒜ふりかけ・生醤油・青唐塩レモン・青唐辛子のオイル漬け)」と2種類の「ごはんのオトモ(白菜の梅酢漬け・食べる醤油)」が用意されています。

自分好みのカスタマイズを楽しんでみてください♪

2~3個目はまた違う味で…

No image

@mero___s6 / Instagram

2個目のハンバーグがでるタイミングで、自家製ポン酢と鬼おろし大根を追加のトッピングとして使用できます。

卵は1つまで無料となっており、ご飯はおかわり自由なんです♪

3つのハンバーグを色々な食べ方で味わえるなんてとっても魅力的ですよね♡

大人気につきウェイティング名簿制

No image

@mock630 / Instagram

「挽肉と米」では当日記名制となっており、平日は昼と夜それぞれ、土日は昼夜まとめての記名制を採用しています。

大人気なので、午前中に行くのがおすすめですよ◎

一度は味わいたい「挽肉と米」が食べたいな♡

No image

@_tr079lv / Instagram

ハンバーグと米のシンプルな組み合わせにこだわったお店「挽肉と米」。

様々な楽しみ方ができ、盛りだくさんの内容が1300円とコスパ面もGoodです◎

気になる方は、ぜひ訪れてみてください♡

挽肉と米住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-3営業時間: 昼:11:00~15:00(売り切れ次第終了) 夜:17:00~21:00(売り切れ次第終了)記帳開始時間: 平日 昼の部:9:00~ 夜の部:15:00~ 土日祝 昼夜共通:9:00~定休日: 無休公式IG:@hikiniku.to.come

MAMI

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加