チャドウィック・ボーズマン、ノースタントで決死のド迫力アクション! 『21ブリッジ』本編映像解禁

チャドウィック・ボーズマン、ノースタントで決死のド迫力アクション! 『21ブリッジ』本編映像解禁

  • クランクイン!
  • 更新日:2021/04/07
No image

映画『21ブリッジ』場面写真<画像をもっとみる>

2020年8月に43歳で死去した俳優チャドウィック・ボーズマンさんの最後の劇場公開主演&プロデュース作品『21ブリッジ』より、本編映像が解禁。刑事役のボーズマンさんが、凶悪犯の追跡をノースタントで繰り広げる迫力満点のシーンを収めている。

【動画】チャドウィック・ボーズマンさん、決死のド迫力アクション! 映画『21ブリッジ』本編映像

本作は、ニューヨークのマンハッタン島を舞台に、警察官の父を殺害された過去を持つアンドレ・デイビス刑事(ボーズマン)が、街ぐるみの犯罪に挑むクライム・アクション・ミステリー。監督はドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズを手がけたブライアン・カーク、製作は『アベンジャーズ/エンドゲーム』や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の監督ほか、多くのヒット作を生み出してきたジョー・ルッソアンソニー・ルッソ兄弟が務める。

ニューヨーク市警の殺人課に所属するアンドレ・デイビス刑事(ボーズマン)は、同じ警官だった亡き父親への思いを胸に、忙しい日々を過ごしていた。そんな折、真夜中に大量のコカインを奪って逃げた犯人2人組が警察官8人を殺害する事件が発生。マッケナ署長(J・K・シモンズ)の指令により、アンドレは麻薬取締班のフランキー刑事(シエナ・ミラー)と組んで捜査を開始、マンハッタン島に架かる21の橋を全て封鎖して追い詰める作戦に出た。夜明けまでには犯人の居場所を突き止め、逮捕しなければならない。だがアンドレは追跡を進めるうち、表向きの事件とはまったく別の陰謀があることを悟る―。

本編映像は、事件の犯人レイ(ステファン・ジェームス)が、警察に見つかり逃走するシーン。パトカーやヘリからの猛攻撃を振り切り、NYの街を縦横無尽に逃げ回るレイ。そんな中、ボーズマンさん演じるアンドレ刑事も、レイを追って激走。さらに地下鉄に逃げ込む彼を、改札を飛び越えて追い続けるなど、必死の追跡劇を繰り広げる。

疾走感あふれるスリリングな追跡劇が見どころの本作。ボーズマンさんは1シーンを除いてノースタントで演じ、アクションや銃撃戦などが全編にわたってリアルな映像に仕上がっている。

カーク監督は「全てチャドウィックの入念な準備があったからこそです。撮影に入る頃には銃の扱いにも長けていて、警察の描写もとてもリアルなものになりました。彼は車にぶつかるシーン以外はノースタントで挑み、本人が演じたからこそのリアルさをこの作品では得られました」と撮影秘話を明かした。

さらに、共演のシエナ・ミラー、テイラー・キッチュ、ステファン・ジェームスの運動能力も絶賛し、俳優陣の力により迫力の映像を作ることができたと語っている。

映画『21ブリッジ』は4月9日より全国公開。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加