【今週の決戦】CS狙うロッテがソフトバンク優勝に「待った」をかけるか 中村晃 vs.  山口航輝に注目

【今週の決戦】CS狙うロッテがソフトバンク優勝に「待った」をかけるか 中村晃 vs. 山口航輝に注目

  • SPREAD
  • 更新日:2022/09/23
No image

首位に立つ福岡ソフトバンク・ホークスと5位・千葉ロッテ・マリーンズはPayPayドームでの4連戦に挑む。

ソフトバンクは優勝マジック7点灯中も2位・オリックスに0.5ゲーム差という中で迎える“負けられない”レギュラーシーズン最後の本拠地カードとなる。

◆【今週の決戦】ヤクルト胴上げか、DeNA奇跡の逆転優勝か 鍵を握るは初戦・村上宗隆 vs. 濵口遥大

■優勝とAクラスを狙う両チームの4連戦

ソフトバンクでの期待は、プロ15年目の中村晃だ。今季ここまで105試合に出場して打率.258、5本塁打、44打点。決して目立つ成績ではないが、9月に入ってから一気に調子を上げており、計14試合で月間打率.378(37打数14安打)をマーク。そして対戦別成績ではリーグ内で最も相性が良く、今季対戦15試合で打率.423(52打数22安打)を誇っている。直近20日の日本ハム戦でも3安打の活躍を披露。今回の4連戦でも打線のキーマンになる。

対するロッテの期待は、プロ4年目の山口航輝だ。昨季は自身初の開幕1軍入りから78試合で打率.207、9本塁打、20打点。そして今季はここまで94試合で打率.249、14本塁打、52打点。「7番ライト」で出場した22日のオリックス戦で4打数4安打3本塁打の大暴れで、球団では落合博満以来40年ぶり1試合8打点をマークした。今季のソフトバンク戦は14試合で打率.133、4打点、本塁打なしと結果を残せていないが、首位チーム相手に“覚醒した姿”を見せられるか。

ソフトバンクは今季残り9試合、ロッテは残り8試合。優勝とAクラスを狙う両チームの4連戦の中で「中村 vs. 山口」、好調の2人の打席に注目したい。

◆パ・リーグの天王山を左右するオリックス吉田正尚 vs. ソフトバンク柳田悠岐の主砲対決

◆ソフトバンク優勝マジック初点灯 2年ぶりのリーグ制覇へ

◆【実際の映像】実況も「黄金の一撃!」と大興奮  背番号「55」村上宗隆、神宮の夜空に放物線を描いた日本人最多タイのシーズン55号

記事提供:ベースボール・タイムズデータ提供:野球DB

SPREAD

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加