槙田紗子[インタビュー後編]新グループを自己肯定感と希望に満ちた未来へと導くロードマップ「アイドルをやることによって、よりよい自分になりたいと思っている子に来てほしい」

槙田紗子[インタビュー後編]新グループを自己肯定感と希望に満ちた未来へと導くロードマップ「アイドルをやることによって、よりよい自分になりたいと思っている子に来てほしい」

  • Pop'n'Roll(ポップンロール)
  • 更新日:2021/01/14
No image

槙田紗子[インタビュー後編]新グループを自己肯定感と希望に満ちた未来へと導くロードマップ「アイドルをやることによって、よりよい自分になりたいと思っている子に来てほしい」

新アイドルプロジェクト『SACO PROJECT!』を始動させた槙田紗子インタビューの後編。同プロジェクトを始めたいきさつについて語った前編に続いて、後編となる本日は、新グループの方向性や求める人物像、審査や今後の活動スケジュールなどについて話を訊いた。審査員には、槙田をはじめ、元ベイビーレイズJAPANの林愛夏や元アイドリング!!!の遠藤舞などが参加し、コアスタッフがすべて女性という特徴も持つ『SACO PROJECT!』。本インタビューでは、元アイドルとして、女性として、アイドルがアイドルであることを肯定しながら活動ができ、メンバーに女性の生き方の指針も伝えられるグループを作ろうとしている槙田紗子の想いをお伝えしたい。

【画像はこちら】

撮影:越間有紀子

編集協力:竹内伸一

“強い”と“可愛い”の融合が目指すところ

――具体的にどういうグループにしたいというビジョンはありますか?

槙田:

すごくざっくりなんですけど、“強さ”と“可愛さ”を両方持ったグループがいいなと思っています。これは“あるある”だと思うんですけど、日本では、パフォーマンス力だけを見せようとするグループって、ウマくいかないことが多いんですよ(苦笑)。K-POPだと、パフォーマンス力で魅せるのが定番ですけど、日本のグループでK-POP的なアプローチをするとウマくいかないことが多くて。日本ではウマくいかない方法なのに、K-POPがなぜ日本でも人気があるかというと、単純に“K-POPだから”なんだと思うんです。日本のアイドルとはジャンルが違うから、ファンは別のものとして見ているんでしょうね。これは個人的な見解ですけど、日本人は、どこか上からでいたい気持ちがあるんじゃないかと思うんです。日本人で、最初から歌もダンスもすごく上手なK-POPのようなグループをやると、“わぁ、すごいなあ”って言われるだけで終わってしまうんですよ。日本のファンは、ステージ上の人間が絶対的にすごくて、ある意味ステージ上から見下ろされるような関係性は、あまり好きじゃないと思います。だから日本の場合は、パフォーマンスで魅せようとすると、ひたすらカッコつける方向に行かざるを得ないんですよね。またハロプロを例に出して申し訳ないですけど、ハロプロは、歌もダンスもウマいんですけど、それを売りにはしていないんですよ。結果として売りになっているというだけで、自分たちからそれをアピールはしないんです。

――見ている側が自然と感じ取っていること?

槙田:

そうです。だってハロプロの子、“私たち、実力派ダンスボーカルグループです”なんて言わないじゃないですか(笑)。でも、それを言わないことが大事なんだと思うんです。きっと私は“ふたを開けたらすごかった”みたいなものが好きなんでしょうね(笑)。SACO PROJECT!でも、パフォーマンス力のあるグループを目指すんですけど、加えて“可愛い”も絶対に必要な要素だと思っています。今はいろいろなアイドルがいますけど、アイドルは人を元気にしないと意味がないとも思うんです。見ている人が元気になる、アイドルのパフォーマンスを観ている時だけは、余計なことを考えなくていい時間が過ごせる……それでこそ、アイドルだなって思うんですよ。深いメッセージ性も時には必要なのかもしれないですけど、それよりも観ることで元気になれるアイドルがいいですよ(笑)。特に今は世の中がすごく元気のない状況なので、観ていて元気になれる要素が必要。それが可愛さなんだと思いますね。

――だからこそ、“強い”と“可愛い”の両方が必要なんですね。

槙田:

そうですね、実力派だけどカッコいいに寄り過ぎていなくて……やっぱり“強い”と“可愛い”の融合が目指すところですね。“強い”というのは、現代の女性にすごく感じる部分でもあるんです。女性が強くなってきているという流れを感じるので、歌詞も自己肯定するような世界観がいいのかなって思っています。これは、オーディションを続けていく中で、変わっていくかもしれませんけど。

――サウンドの方向性のイメージはいかがでしょうか?

槙田:

そこはまだですね。今から考えます。曲に関しては、まずはひたすら集めて、その中からよいものを選びたいですね。ジャンル的にはまだ何もなくて……ダンスミュージックというか、打ち込みっぽい音が入っているものにしたいなというイメージはあるんですけど。私は振付師なので、曲を選ぶ判断基準が、振りが浮かぶか浮かばないかなんですよ。

――以前のインタビューでも、よい曲ほど振り付けが思い浮かぶとおっしゃっていましたね。

槙田:

そうなんです。なので、曲は、私が感性を刺激されるかどうかで選ぼうかと(笑)。

――衣装はどんなイメージですか?

槙田:

これもやっぱり“強さ”と“可愛さ”の融合ですね。個人的にはPerfumeさんの衣装が好きなので、参考にしたいなと思っています(笑)。

――スカートとパンツであればどちらですか?

槙田:

メンバーによってどちらもありだと思うんですけど、でも、最初はスカートかな。奇をてらわずに(笑)。

No image

槙田紗子

No image

槙田紗子

尊敬できる女性が周囲にいることで刺激を受けてほしい

――先ほどのパフォーマンスの話にも通じるのかもしれませんが、ヘッドセットを使ってのパフォーマンスを考えているそうですね。

槙田:

これは振付師的なジレンマからなんですけど、MVを撮影する曲以外は、ハンドマイクを持つことを考慮して、片手で振りを作るんです。でも、それだとできることが限られてくる。K-POPだと、ダンスの邪魔になるということで、ヘッドセットを使っていることが多いですよね。で、私が振り付けをしている透色ドロップが、先日ヘッドセットになったんですよ。それで新曲の振りを最初からヘッドセットバージョンでつけたんです。そうしたらできることがすごく増えて。“やっぱりヘッドセットはいいな”と思いました。“マイクを持つ必要ってあるのかな?”って(笑)。声を拾うという面では、圧倒的にハンドマイクの方がいいので、100%生歌でやるのであれば、相当よいヘッドセットを用意しないと難しいとは思いますけど。でも、ダンスを見せたいですし、5人組であれば、5本しか使えなかった手が10本になる。これは大きいんですよね(笑)。例えば、手をつなぐ振りにしても、マイクを持っていると簡単にできないんですよ。振りによってマイクの持ち替えも必要になってきて……それを考えるの、もう面倒くさくて(笑)。

――表現のリミッターを外せるというわけですね。

槙田:

そうなんです。対バンライブだと、ヘッドセットを持ち込めるのかとか、いろいろ現実的な問題はあるんですけど、ヘッドセットでやりたいです。

――槙田さんをはじめ、元ベイビーレイズJAPANの林愛夏さん、映画監督で写真家の枝優花さん、写真家の深町レミさん、元アイドリング!!!の遠藤舞さん、AKB48プロジェクトで数々の衣装制作やスタイリングを担当したスタイリスト木村文香さんが審査員を務めるなど、“コアスタッフがすべて女性”というのも、SACO PROJECT!の大きな特徴です。

槙田:

最初は全然考えていなかったんですけど、審査員をお願いする時に“この人に審査してほしいな”って考えてみたら、みんな女性だったんです(笑)。“あれ、みんな女子だ!? だったら、マネージャーやスタッフも女性で固めたら面白くない?”みたいなノリです(笑)。そんな軽い感じで決めたことではあるんですけど、私がアイドルだった時も、アイドル業界って圧倒的に男性のスタッフの方が多いじゃないですか。でも、当時も、今教えている子たちを見ていても、女性のスタッフが1人いるのといないのとでは、やっぱり安心感が違うんですよ。女の子なので、着替え問題なんかもあるし、女性同士の安心感は大きいんです。それに、審査員をお願いしたみなさんは、女性で独り立ちしている方ばかりなんです。周りにそういう女性がいることで、“そういう女性になりたい”と思ってほしいし、なってほしいんですよね。尊敬できる女性が周囲にいることで刺激を受けてほしい。“私もアイドルを辞めたら、こういう女性になりたい”っていう指標みたいなものにもなるかなと思っています。私自身、目上の男性の方にお話を聞く機会も多いんですけど、自分とは重ねづらいこともあるんです。よいアドバイスをいただいたんだけど、なんかイメージできないとか……昔に比べれば、男女の差を少なくしようという世の中の流れにはなっていますけど、やっぱり越えられない壁ってまだあると思うんです。そういう経験もしているので、女性からのアドバイスを聞ける環境を作ってあげたいなと思っています。強くてカッコいい女性を周囲に置いて、常に刺激を受けるような環境にしてあげたいです。

――アイドル活動を通じて、生きていく術を学べるんですね。

槙田:

そうあってほしいと思っています。仕事って、そういうものだと思いますし。アイドルだろうとなんだろうと、働くことって、人生の多くの時間を占めているから、やっぱり意味のあるものにしないと。こんなに大きなことを言っちゃいましたけど、口だけにならないように頑張ります(笑)。

No image

槙田紗子

みなさんが一生懸命真面目に取り組める環境を作ります

――オーディションは1月1日から募集が始まっていますが、今後のスケジュールは?

槙田:

1月1日にSACO PROJECT!のオフィシャルサイトがオープンして、オーディションの受付が始まりました。1月いっぱいが募集期間になります。まずは書類選考があって、それを通過した方には、いきなりですけど、課題曲と課題振り付けに挑戦してもらうことになります。その動画を、動画アプリの『ミクチャ』にアップしてもらって、『ミクチャ』を通じて審査員も視聴者も審査ができるようにする予定です。それとは別に自己アピールしてファンを獲得するための配信もやってもらって、それは順位が出るようになります。『ミクチャ』を使った審査期間が20日間ほどあって、配信のランキングと審査結果をもとに2次審査に進む方を決めます。

――2次審査後は、どのような展開になるのでしょうか?

槙田:

2次審査は、チームを作って、チームごとに課題曲に取り組んでもらいます。私が振り入れをするので、その後2週間くらいになると思いますけど……練習期間を設けて、その後に合宿。合宿と言っても寝泊まりはしませんが、朝から晩まで集中的にレッスンをやりたいと思っています。この期間中は、チームごとに配信もやってもらう予定です。グループとして動く中で、その子がどういう立ち位置になるのか、そんなところを見たいんですよね。2次審査で最終メンバーを選ぶんですけど、これが4月アタマくらいかな。そこからはまたみっちりレッスン期間に入って、5月に最終オーディション。これはお客さんの前でパフォーマンスをしてもらうことになります。そこでデビューメンバーが決定して、11月に予定している<サコフェスVol.4>で正式デビューになります。

――1年近くにわたるオーディションと準備期間を経て、デビュー1年後にはO-WEST、2年後にはツアー、3年後にはフェスへの出演とアジア圏でライブをやるというのが、当面の目標になるわけですよね。

槙田:

海外は、今、狙い目だと思うんですよ。海外を拠点に活動するとなると、いろいろハードルが高かったりするんですけど、ライブだけに行くという形であれば、実現できると思うんですよね。今は、ベトナムやタイって芸能があまりないので、そういうところへ出ていけたら面白いかなと思っています。もちろん、韓国へも行ってみたいですね。

――では、最後に応募してみようかと考えている方にメッセージをいただけますか。

槙田:

私たちが、みなさんが一生懸命真面目に取り組める環境を作りますので、本気でついてこられる子は、ぜひ応募してください。

――まずは気持ちの部分が大切ですか?

槙田:

気持ちですね。きっかけは何でもいいと思うんですけど、向上心を持って、ただただ一生懸命に何かをやることに意味があると思うんです。アイドルをやることによって、自分をアップデートするというか、よりよい自分になりたいと思っている子に来てほしいと思います。

――人生を学べるグループになりそうですね。

槙田:

そうなってほしいですね。それには、まずは私が尊敬される女性にならないといけないですね(笑)。

No image

槙田紗子

槙田紗子[インタビュー前編]新アイドルプロジェクト始動の真意「自信を持って“私、アイドルだったから”って言える子を増やしたい」

槙田紗子 サイン入りチェキプレゼント

No image

SACO PROJECT!

サコプロジェクト オーディション概要

2021年秋頃デビュー アイドルグループオーディション

エントリー資格:

・2021年4月2日時点で12歳~22歳の女性

・オーディション過程にてWEB・雑誌等各種メディアに出演が可能な方

・LIVE配信アプリなどの配信媒体でのオーディションに参加できる方

・遠方にお住いの方は合格後、上京・在住が可能な方(方法・時期等は応相談)

・2021年3月27日から1週間程度の最終審査のスケジュールが調整出来る方

・合格時にFIRSTORDER AGENT/COBO(amidus株式会社)と所属契約を結べる方(他事務所所属者は提携契約を結べる方)

エントリー方法:

・LINEエントリー

オーディションスケジュール:

・応募受付期間:2021年1月1日(金)~1月31日(日)まで

・一次審査(配信審査)書類通過者のみ:2021年2月6日(土)~2月25日(木)

・二次審査(実技審査):2021年3月13日(土)~4月2日(日)※3/27〜4/2は集中審査を予定

・最終選考 個別面談 ※東京都内 :2021年4月3日(土)、4月4日(日)

・最終候補者発表:2021年4月7日(水)

・最終レッスン期間:2021年4月8日(木)~5月9日(日)

・最終審査(ライブパフォーマンス)・結果発表:2021年5月9日(日)予定

※ スケジュールは予告無く変更する場合があります。予めご了承下さい。

※ 最終審査は公開となる場合があります

関連リンク

SACO PROJECT!オーディションページ

SACO PROJECT!オーディション LINEエントリー

SACO PROJECT!公式YouTubeチャンネル

槙田紗子 公式Twitter

槙田紗子 公式Instagram

オーディション審査員

No image

槙田紗子

槙田紗子(Saco Makita)

プロデューサー/振付師 1993年11月10日生まれ。神奈川県出身。B型。

2009年ガールズロックユニット『ぱすぽ☆』のメンバーとしてデビュー。

2011年、メジャーデビューシングル「少女飛行」が、 女性グループのデビューシングルとしては史上初のオリコン週間ランキング初登場第1位を獲得。 2015年12月卒業。

現在は、多数のアイドルグループの振り付けや、主催フェス<サコフェス>開催など、マルチに活動中。

[振付実績]

超ときめき♡宣伝部/SUPER☆GiRLS/夢みるアドレセンス/Lily of the valley/【eN】/Fragrant drive/SW!CH/透色ドロップ/ドラマ『美食探偵明智五郎』(日本テレビ)劇中振付/舞台<蒲田行進曲><ストリッパー物語>(たやのりょう一座)劇中振付/他多数

No image

林 愛夏

林愛夏(Manatsu Hayashi)

女優

1995年7月14日生まれ。神奈川県出身。幼少期より芸能活動を開始し、TVドラマやCMなどに出演。

2005年から07年まで、劇団四季<ライオンキング>にてヤングナラ役を演じる。

2012年5月からはベイビーレイズ(15年にベイビーレイズJAPANへ改名)のメインヴォーカリストとして活躍。2018年9月に同グループが解散して以降はその高い歌唱力を生かし、ミュージカル女優として活躍の場を広げている。近年のおもな出演作には<ハウ・トゥー・サクシード>スミティ役、<マンマ・ミーア!>リサ役など多数のミュージカルに出演。

No image

枝優花

枝優花(Yuuka Eda)

映画監督・写真家

1994年生まれ、群馬県出身。2017年、初長編作品『少女邂逅』を監督。

MOOSICLAB 2017では観客賞を受賞。香港国際映画祭、上海国際映画祭にも正式招待。

バルセロナアジア映画祭にて最優秀監督賞を受賞。 2019年日本映画批評家大賞の新人監督賞も受賞。

また写真家として、さまざまなアーティスト写真や広告を担当している。

No image

深町レミ

深町レミ(Remi Fukamachi)

写真家

1996年生まれ、中央大学法学部卒。中国と日本のルーツを持つ。

2016年よりフォトグラファーとして活動。その後、オーストラリア、ヨーロッパ、ケニアなど国内外で制作・展示を行なう。

2018年に株式会社Sai.を設立。“Live like water”を理念とするガラスアクセサリーブランドSuiを2021年3月にオープン予定。

No image

遠藤 舞

遠藤 舞(Mai Endo)

ボイストレーナー

2006年よりフジテレビ系アイドル『アイドリング!!!』として活動。2013年よりavexからソロシンガーとしてデビュー。2017年に芸能界を引退。

現在はボイストレーナーとして、のべ40組以上のアイドルグループ、歌手に歌唱指導を行なう。

No image

木村文香

木村文香(Ayaka Kimura)

スタイリスト

エスモードジャポン東京校卒業後、2010年より株式会社AKSにてAKB48プロジェクトのアシスタントスタイリスト、スタイリストとして従事。2013年に発足した同プロジェクトの衣装制作・スタイリスト新会社オサレカンパニーにて、ディレクターを務める。2014年に独立。テレビCMミュージックビデオなどを手掛ける。

関連リンク

SACO PROJECT!公式YouTubeチャンネル

鈴木 健也

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加