NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
フォトグラファー・横浪修の「ナラティブ(物語)」を一冊の本に。代官山 蔦屋書店で刊行記念フェアを開催

フォトグラファー・横浪修の「ナラティブ(物語)」を一冊の本に。代官山 蔦屋書店で刊行記念フェアを開催

  • SPUR
  • 更新日:2021/07/22

代官山 蔦屋書店 2号館 1階 ブックフロアでは、フォトグラファー・横浪修を特集した『横浪 修のナラティブ Narrative of Osamu Yokonami(PPF Magazine vol.01)』の刊行を記念するフェアを2021年8月12日(木)まで開催する。

No image

『横浪 修のナラティブ Narrative of Osamu Yokonami(PPF Magazine vol.01)』より

『PPF Magazine』はデザイン事務所のOn-Point Designが「受け継がれていくべき、ひと、こと、もの」の“過去・現在”を探り、“これから(未来)”を考えることをテーマに不定期に発行するマガジン。スタイリストの馬場圭介を取り上げた創刊準備号vol.00『特集: 馬場圭介はいかにして楽しんだか?』は、体系的に1人の人物を語る切り口で話題を集めた。

No image

『横浪 修のナラティブ Narrative of Osamu Yokonami(PPF Magazine vol.01)』より

今回の特集で取り上げたのは、雑誌や広告のほか、自身のプライベート作品においても国内外から高い評価を受けるフォトグラファーの横浪修。これまで多数の優秀な門下生を独立させていることでも知られている。ここでは歴代の弟子たちに師である横浪を写真で表現してもらい、その時に聞いた横浪にまつわる「ナラティブ(物語)」を拾い集めて、写真作品とともに掲載。また、弟子の作品に対する回答として、横浪自身の写真も収録することで、多角的にその魅力を炙り出すような一冊に仕上げられている。

No image

『横浪 修のナラティブ Narrative of Osamu Yokonami(PPF Magazine vol.01)』より

No image

『横浪 修のナラティブ Narrative of Osamu Yokonami(PPF Magazine vol.01)』より本フェアでは、刊行を記念して制作されたオリジナルのプリントやフォトTシャツなども販売。また、7月29日(木)にはPPFマガジン編集長の永野有紀が司会を務め、横浪と弟子である写真家の北村圭介・竹中祥平による、「写真・人物・仕事・日常・師弟」などをキーワードにしたオンライントークイベントも開催する。イベント参加券のみの販売もあるが、本とチケットのお得なセットもあるので、ぜひチェックしてみて。

No image

『横浪 修のナラティブ Narrative of Osamu Yokonami(PPF Magazine vol.01)』(On-Point Design)¥4,290

フェア『横浪 修のナラティブ Narrative of Osamu Yokonami』
会期:〜2021年8月12日(木)
場所:代官山 蔦屋書店 2号館 1階 ブックフロア(東京都渋谷区猿楽町17-5)
時間:9:00〜20:00(当面の間)

『横浪 修のナラティブ Narrative of Osamu Yokonami(PPF Magazine vol.01)』刊行記念トーク「もうひとつのナラティブ 横浪修(写真家)×北村圭介(写真家)×竹中祥平(写真家)」※オンライン配信(ZOOM)/アーカイブ配信有
開催日:2021年7月29日(木)
料金:イベント参加券のみ 1,200円/書籍『横浪 修のナラティブ Narrative of Osamu Yokonami(PPF Magazine vol.01)』(On-Point Design)¥4,290+イベント参加券¥710のセット ¥5,000

03-3770-2525(代官山 蔦屋書店)
https://store.tsite.jp/daikanyama/event/art/21093-1629580708.html

text : Shiyo Yamashita

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加