イタリア老舗バイクブランド「ベネリ」日本初上陸 ライトウエイトモデル4種

イタリア老舗バイクブランド「ベネリ」日本初上陸 ライトウエイトモデル4種

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/04/07

バイクやクルマ用品を取り扱うプロト(愛知県刈谷市)は、1911年に創業したイタリアの老舗バイクブランド「ベネリ モーターサイクル」の4モデルを、日本で初めて、全国の正規販売店で2021年4月から一斉販売している。

No image

ブランドテーマは「"RIDE IT EASY."好きを愛せ」。250cc以下のライトウエイトモデルを中心に展開しており、快適な走りを楽しめる。

伝統と最新技術が融合した「正統派モデル」

発売した4モデルの車種名はそれぞれ、(1) LEONCINO 250 、(2) TNT 125 、(3) TNT 249S 、(4) TRK 251だ。カラー展開は(4)のみ3色、他は4色。

(1)はベネリの伝統と、イノベーションが融合した「正統派モデル」。「レオンチーノ」モデルの特徴を踏襲しつつ、モダンなスタイルと技術を取り入れている。軽量でコンパクトながら、しっかりとした車体構成で、一日中快適に走りを楽しめるのが特徴。

(2)はコンパクトスポーツモデルで、ビッグバイクと同等の構成パーツを備えた「本格的ミニモデル」。ライダーの心を掴む、イタリアンデザインによる整ったボディワークやフィット感が魅力だ。パワフルな加速、ライダー志向のパワーバンド(エンジンパワーを最も効率よく引き出せる回転域)を実現するエンジンで、乗る者を魅了する。

(3)は250ccクラス超の、オールラウンドモデル。最新パーツを採用しており、スタイリッシュなデザインで、LEDフロントライトが印象的だ。トレリスフレーム、倒立フォークなど、しっかりとした車体構成であるほか、「360°クランク2気筒エンジン」を採用しているため、「官能的なサウンド」が楽しめる。

(4)は軽量な車体と初心者でも扱いやすいエンジン特性がポイントで、市街地走行からツーリングまで快適な乗り心地を提供する。18リットルの燃料タンクがロングツーリングを実現し、オプションで大容量アルミケースも装備できる。

試乗会で「ベネリ」の魅力を直に味わう

「ベネリ」の魅力を直に味わってもらうため、プロトは21年5月1日に三重県鈴鹿市の「鈴鹿サーキット」で行われるイベント「鈴鹿アップガレージライダース BIKE!BIKE!BIKE!2021」で、試乗会を予定している。イベントの参加には事前予約が必要で、試乗は現地での申し込みとなり、定員に達し次第受付終了。

「ベネリ東京練馬店」では、試乗申し込みを随時受け付けている。<J-CASTトレンド>

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加