マレー モンペリエにWCで参戦

マレー モンペリエにWCで参戦

  • tennis365
  • 更新日:2021/02/22
No image

元世界ランク1位のマレー : 画像提供 ゲッティイメージズ

22日に開幕する男子テニスの南フランス・オープン(フランス/モンペリエ、室内ハード、ATP250)は21日にシングルスの組み合わせを発表し、ワイルドカード(主催者推薦)で出場する世界ランク121位のA・マレー(イギリス)は1回戦で同83位のE・ゲラシモフ(ベラルーシ)と対戦することが決まった。

元世界ランク1位のマレーは本来、前週まで行われていた全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)に出場を予定していたものの、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が検出されたため、欠場を余儀なくされていた。

そのため、ビエッラ・チャレンジャー・インドア1(イタリア/ビエッラ、室内ハード、ATPチャレンジャー)に第1シードとして参戦。決勝でI・マルチェンコ(ウクライナ)に敗れ準優勝に終わっていた。

33歳のマレーが南フランス・オープンに出場するのは今回が初めて。マレーとゲラシモフの勝者は2回戦で世界ランク34位で第5シードのJ・シナー(イタリア)と同60位のA・ベデネ(スロベニア)のどちらかと顔を合わせる。

今大会の第1シードはR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第2シードはD・ゴファン(ベルギー)、第3シードはD・ラヨビッチ(セルビア)、第4シードはH・ホルカシュ(ポーランド)。上位4シードは1回戦免除のため、2回戦からの登場。

昨年の南フランス・オープンはV・ポスピシル(カナダ)を下したG・モンフィス(フランス)がタイトルを獲得している。

[PR]緊急開催!みんなで語ろう「大坂 なおみ全豪優勝」2/23(火・祝) 夜6:00頃よりWOWOWオンデマンド&WOWOWテニスワールドで配信予定!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加