iPhone15シリーズでの採用が確実視されるソニー製イメージセンサー、市場を圧倒

iPhone15シリーズでの採用が確実視されるソニー製イメージセンサー、市場を圧倒

  • iPhone Mania
  • 更新日:2023/01/26
No image

ティム・クック最高経営責任者(CEO)も来日時に熊本テクノロジーセンターを訪問するなど、Appleのイメージセンサーサプライヤーとして強い関係を築いているソニーについて、2022年第3四半期(7月〜9月)のイメージセンサー市場で51.6%のシェアを獲得していたことが明らかになりました。

ソニーは、iPhone15 Pro Max用ペリスコープズームレンズ搭載望遠カメラ向けイメージセンサーも供給するとみられています。

ソニー製イメージセンサーはスマホ向けだけではなく、ドライブレコーダーなどにて「STARVISシリーズ」の採用機種も増加しています。

ソニーのシェアが1位、2位のSamsungが低下傾向

販売台数が多いiPhone用のイメージセンサーを供給していることで、イメージセンサー製造各社の中でもソニーのシェアは安定しているようです。

2022年第3四半期(7月〜9月)のイメージセンサー市場における上位5社のシェアは、下記のようになったことがOmediaの調査により確認されました。

ソニー:51.6%

Samsung:15.6%

OmniVision:9.7%

ON Semiconductor:7%

Geco Microelectronics:4%

ソニーに次ぐ2位のシェアを獲得しているSamsungですが、2021年通年でのシェア29%からほぼ半減したようです。

iPhone15 Pro Max用の新方式望遠カメラ用部品をソニーが供給見込み

ソニーは、iPhone15 Pro Maxが採用するペリスコープズームレンズ搭載望遠カメラ用のイメージセンサーも供給すると噂されています。

ペリスコープズームレンズ搭載望遠カメラモジュールの各部品を供給するのは韓国のサプライヤーと台湾のサプライヤーが中心で、日本からはソニー 1社とみられています。

こうしたこともあり、iPhone15シリーズでのイメージセンサー採用を背景に、2023年もソニーのシェアは現在と同レベルで推移することが予想されます。

Source:The Elec
Photo:Apple(米国)
(FT729)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加