SHELLY「それがない人はやっちゃダメ」 “バックハグ”をしてはいけない男性とは...

SHELLY「それがない人はやっちゃダメ」 “バックハグ”をしてはいけない男性とは...

  • fumumu
  • 更新日:2021/10/14
No image

タレントのSHELLYさんが13日、自身のYouTubeチャンネル『SHELLYのお風呂場』を更新。

公私ともに仲良しのタレント・ハリー杉山さんと、“カップルがラブホに入ってから”をテーマに盛り上がりを見せました。

■“イチャイチャ”への切り替えは?

先月、SHELLYさんは、ハリーさんとラブホに社会見学した動画を公開し、大きな反響を呼びました。

今回『せっかくラブホ行ったので、気まずさ解消法など話し合ってみました』とのタイトルで公開した動画でSHELLYさんは、まだ付き合いたての2人がラブホに訪れた時のことを仮定し「照れるじゃん、お互い。『じゃ、イチャイチャしましょうか』っていう切り替えって、どうしてる?」と、ハリーさんに投げかけます。

【動画】SHELLYさんが「それがない人はやっちゃダメ」という”能力”とは…

関連記事:SHELLY、はじめてコンドームを買った日を回顧 「得るものが多かった」

■ハリー「フィジカルな距離感を」

「まずは、フィジカルな距離感(※身体的な距離)っていうものを縮めないといけないよね」というハリーさんは、付き合っているという認識がある相手であれば「エレベーターに手をつなぐとか」と、部屋に入る前段階からのスキンシップを大事にしているようです。

また、部屋に入ってからも「ソファに座っている時とか、がっちりアイコンタクトとるかも」「見つめて『キスしていい?』って」とストレートな言葉をかけることを明かしました。

■「一番ヤバいパターン」は…

ハリーさんの回答に、SHELLYさんは「一番いいかも。王道っていうか」と納得。「学生ぶりかも、その感じ」という言葉に、「ある意味、この年になっていいと思う」というハリーさんは、若かりしころ、映画の影響もあってか「相手に何も言わせずに、急に後ろから抱きしめて…」と、“ちょっと強引”なのがいい、と勘違いしていたことを回顧。

SHELLYさんは「それがいい時もあるんだよね!」と共感しますが、「大事なのは、後ろからギュッてやって、相手が『え!?』と固まった時に、それを読み取るコミュニケーション能力。それがない人はやっちゃダメ」と、“読み取るコミュニケーション能力”に自信がない人は、“見つめ合って「キスしていい?」”のパターンを推奨しました。

■拒否られても「セカンドプランは持ってる」

また、ラブホテルに入ってから相手に「そういうつもりなかった…」と断られた場合を聞かれたハリーさんは「マジか! と口に出してしまうかも…」と笑いながらも、その後の時間が気まずくならないように、「ふざけながら謝る」「わかった。じゃ映画観ない?」など、「セカンドプランは持ってるかも」と告白。

「その切り替えが難しいかもしれないけど、2人の関係性がその夜で終わってしまうのか、一生の友達、一生のパートナーになることもあるわけだから」と考えを述べました。

■シリーズ化に期待の声も

今回の動画に「ハリーさん、とても紳士な方ですね!」「ハリーさん、素敵」と称賛の言葉が集まっています。

そのほか「後ろから急に抱きつかれた時、一方的に性欲を押し付けられるのと気遣ってもらえるのとでは全然恐怖感が違いますもんね」「『居酒屋じゃないんですけど個室で飲み放題のいい所がある』って言われてその日までドキドキ楽しみにしてたのに 着いた先ラブホでほんとに怖かった」など、恐怖を経験した人からのコメントも。

また、SHELLYさんの「ハリーとは、ラブホシリーズだね」「色んなラブホ行こうよ!」との提案に「シリーズ化待ってます!」「ラブホシリーズ気になります! どんなお部屋があるのか、自分で巡ることはなかなかできないしね笑」など期待の声も寄せられています。

fumumuでは、ラブホテル評論家・日向琴子さんの連載『ラブホテル現代紀行』を配信中なので、お2人にも参考にしていただきたい所存です。

・合わせて読みたい→SHELLY「もっとオープンに」 性教育への思いにくりぃむ上田も共感

(文/fumumu編集部・冬野 とまと

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加