ブランドロゴを入れませんか?スペシャルオリンピックスによる協賛企業募集キャンペーン

ブランドロゴを入れませんか?スペシャルオリンピックスによる協賛企業募集キャンペーン

  • AdGang
  • 更新日:2020/10/17

Your Brand Here

2年ごとに夏季と冬季に分けて行われる『Special Olympics(スペシャルオリンピックス)』というスポーツイベントをご存じでしょうか。身体的な障がいを持つ人が参加するパラリンピックとは異なり、スペシャルオリンピックスは知的障害を持つアスリートたちがさまざまな競技に出場し、日ごろの練習の成果を発表する国際大会です。

この大会には150を超える国と地域から出場選手が派遣される一大イベントなのですが、オリンピック・パラリンピックに比べてスポンサーがつきにくいという問題を抱えています。そこでアメリカ、ニューヨーク地区での活動を取りまとめるSpecial Olympics New Yorkが、協賛企業を募るためのキャンペーンを打ち出しました。

バスケットボール、ウエイトリフティング、新体操の各選手をフィーチャーした動画とポスターは、まるで大手スポーツブランドやスポーツドリンクの広告のようなクリエイティブ。しかし履いているスニーカーや手に持っているドリンクにはブランドロゴが入っておらず、ただ真っ白に塗られているだけです。

No image
No image
No image

これは、五輪やフットボールなど、全米の注目を集めるスポーツやプレーヤーはすぐにスポンサーシップを結べるにも関わらず、スペシャルオリンピックスにはなかなか協賛する企業があわられないという事実を示唆したもの。と同時に、この白い部分に企業のロゴを入れませんか、と呼びかけているのです。

人気スポーツであろうとなかろうと、目標に向かって突き進むその努力は同じように尊いもの。知的障害を持つ人びとがスポーツをする喜びを感じ、より充実した毎日を送れるよう、Special Olympics New Yorkはさまざまなサポートを行っています。

writerC

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加