C・ロナウド不在のユベントス、痛恨のドロー。期待の新戦力がデビュー戦で退場

C・ロナウド不在のユベントス、痛恨のドロー。期待の新戦力がデビュー戦で退場

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/10/18
No image

【写真:Getty Images】

【クロトーネ 1-1 ユベントス セリエA第4節】

セリエA第4節のクロトーネ対ユベントスが現地時間17日に行われた。試合は、1-1の引き分けに終わった。

クリスティアーノ・ロナウドを新型コロナウイルス陽性で欠くユベントスは、移籍市場閉鎖間際に獲得したキエーザが先発した。

しかし、先手を取ったのはここまで3戦3敗のクロトーネ。ボヌッチのファウルにより得たPKをシミーが決めてリードを奪う。

それでも21分、ユベントスが反撃。キエーザがペナルティーエリア右のスペースに走り込んでダイレクトでクロスを入れると、モラタが飛び込んで同点とした。

ただ、ユベントスはなかなか逆転できない。主導権は握るものの、クロトーネの2トップに手を焼いた。

すると60分、予想外の事態が起きる。キエーザのファウルがチガリーニに対する危険なプレーだったというジャッジで一発レッド。ユベントスは残り30分を10人で戦うことになった。

10人でも勝ちたいユベントスは苦しい時間帯が続くも、一瞬の隙を見逃さない。76分、途中出場のクアドラードがドリブルで突破して中に入れたボールをモラタが触ってゴール。今夏の新戦力の2点目で逆転に成功したかに思われた。しかし、長いVARでの確認でモラタの位置がわずかにオフサイドだったことが確認されてゴールは取り消し。1-1のまま試合が再開する。

結局、ユベントスは逆転できず、引き分けで試合終了。数的不利だったとはいえ、昇格組相手に厳しい結果に終わっている。

【得点者】
12分 1-0 シミー(クロトーネ)
21分 1-1 モラタ(ユベントス)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加