レバンドフスキ契約延長かプレミア移籍か 代理人迫る可能性と独紙

レバンドフスキ契約延長かプレミア移籍か 代理人迫る可能性と独紙

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

BミュンヘンFWレバンドフスキ(21年3月撮影=ロイター)

バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(32)の代理人が、クラブに対して契約延長かプレミアリーグ移籍かを迫る可能性があると、独ビルト電子版が報じた。

同FWの契約は23年まで。Bミュンヘン側に契約延長交渉を始める予定はないが、敏腕代理人として知られるピニ・ザハビ氏は「プレミアリーグの複数クラブが、レバンドフスキへ巨額契約をオファーしようとしている。彼らなら年俸アップも受け入れる」として、クラブを交渉のテーブルにつかせたい意向なのだという。

レバンドフスキは32歳になった現在も世界最強の点取り屋の1人。今季もブンデスリーガ26試合で36ゴールを挙げている。契約延長を勝ち取るか、23年を待たずにイングランドに活躍の場を移すのか。レバンドフスキの将来が注目される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加