次世代ハンディファンの「新機能」に驚き 冷えすぎて結露までできる

次世代ハンディファンの「新機能」に驚き 冷えすぎて結露までできる

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/06/11

気温が高まるにつれ、活躍する機会が増えるハンディファン。風を受け涼むことができるグッズだが、さらに冷涼感を高める「斬新な機能」が追加されたハンディファンがあることをご存知だろうか。

画像をもっと見る

■見た目はいたって普通

その商品というのが『ピタファンCity』(販売価格3,980円)だ。

No image

カラーはホワイトでバッグの中にも収まるサイズ感。ビジュアルは一般的なハンディファンとそこまで変わらず、持ち手にボタンがあり、押すとファンが駆動するという仕組みも同様だ。

風量は3段階で切り替え可能で、「弱」だとそよ風のような優しい風量、「強」だと屋外でも十分に涼しいであろう風量を確保できる。

関連記事:「日産リーフの充電口が凍結で開かない」と話題 原因と対策を本社に聞いた

■プレート部分が冷える

では、どの部分に新機能があるのかというと、それはファンのカバーにある円形の金属プレート(矢印の部分)。

No image

じつはこのプレートはただの金属ではなく「冷却プレート」となっており、氷マークのボタンを押すことで冷却機能を使用することができる。小型冷蔵庫で使われるペルチェ冷却装置により、冷却プレートは外気温から約-17℃まで冷えるという。

No image

パッケージにもあるように、プレート部分を腕や首、おでこなどにくっつけて体温を直接下げるわけだが、もちろんファン機能と同時に使用も可能だ。

■冷えすぎて結露が…

この冷却プレートは数秒でひんやりとし始め、その後どんどんと冷たくなる。どれほど冷たくなるのか実験するため、数分間冷却機能をオンにして放置すると…まさかの結露し始めたではないか。

No image

実際に使うと「冷た!!」の後に「ひんやりして気持ちいい〜」となる。冷却プレートでダイレクトに冷やし、さらにファンの風も肌に当たるため爽快感は抜群だ。

ただ、ファンのみの使用に比べてバッテリーの消耗が激しいため、夏場、長時間使う場合は少々注意しておくべきだろう。ちなみにバッテリーはUSB充電式で、フル充電だと約90分稼働(ファン強、冷却プレートON)する。

■置いて使用できるタイプも

No image

この『ピタファンCity』は手持ちでの使用がメインだが、もし「置いて使用したい」という場合は、形状以外はほぼ同じ機能を備えた『ピタファン Office』(販売価格3,980円)を選ぶのもアリだ。

今年は猛暑が予想されているため、熱中症などを対策する意味でも、これらのグッズは活躍することだろう。

・合わせて読みたい→チコちゃんがスケートリンクの氷の秘密に迫る 長い時間かけてゆっくり作ると…

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加