ポーランド代表、F・サントス監督が就任! 「全ての試合に勝つという野心を持ちたい」

ポーランド代表、F・サントス監督が就任! 「全ての試合に勝つという野心を持ちたい」

  • サッカーキング
  • 更新日:2023/01/25
No image

ポーランド代表がサントス監督を招へい [写真]=NurPhoto via Getty Images

ポーランドサッカー協会は24日、ポルトガル人指揮官フェルナンド・サントス氏のポーランド代表監督就任を発表した。

FIFAワールドカップカタール2022でラウンド16敗退に終わったポーランド代表は、2022年1月からチームを率いていたチェスワフ・ミフニェヴィチ監督が同年12月末の契約満了をもって退任していた。元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラード氏の新監督就任も噂されていたが、百戦錬磨のF・サントス氏を招へい。契約期間は2026年W杯までとなる見込みだ。

現在68歳のF・サントス氏は、ポルト、スポルティング、ベンフィカ、AEKアテネ、パナシナイコス、PAOKなど、ポルトガルとギリシャの強豪クラブで監督を歴任。2010年夏から2014年夏にかけては、ギリシャ代表を率いた。

2014年9月、ポルトガル代表の監督に就任。EURO2016制覇を達成し、2018-19シーズンのUEFAネーションズリーグ優勝にも導いた。カタールW杯では16年ぶりとなる準々決勝進出を果たしたものの、モロッコ代表に敗れてベスト8敗退。ポルトガルサッカー連盟との契約はEURO2024まで残っていたが、カタールW杯終了後に退任していた。

24日の就任会見に臨んだF・サントス監督は、次のように意気込みを示した。

「ポーランド代表は、世界のどこの国とも渡り合える必要条件を備えている。“名前”でプレーすることは考えてはいけない。結果を決めるのはランキングではない。相手へのリスペクトはあっても、恐れはしない。全ての試合に勝つという野心を持ちたい」

「サッカーはとてもシンプルなゲームだ。一番大事なのはゴールを決めること、そして失点しないこと。そもそも、土台を作る必要がある。守備を整備しなければならないが、勝ちたければゴールも決めなければない。時間は限られているが、最高レベルの戦いに慣れた強豪リーグの選手たちがいる。理解するのに問題はないだろう」

また、大黒柱のFWロベルト・レヴァンドフスキ(バルセロナ/スペイン)が担う役割にも言及。「誰かの才能を制限することはしたくない。重要なことは、チームとして機能するかどうかだ。夜空に輝く一等星はあっても、夜空でひとりぼっちの星は見たことがない。チームとは星々の集まりだ」と語った。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加