鳴門渦潮は4強入りならず 小学校からのバッテリーで夢舞台届かず

鳴門渦潮は4強入りならず 小学校からのバッテリーで夢舞台届かず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/23
No image

7回、マウンドに集まる鳴門渦潮・佐藤愛太(左)と日裏幸暉

「高校野球徳島大会・準々決勝、阿南光2-0鳴門渦潮」(22日、オロナミンC球場)

完封負けで最後の夏が終わり、小学校からバッテリーを組む鳴門渦潮の日裏幸暉投手(3年)と佐藤愛太捕手(3年)が一つの区切りを迎えた。

息詰まる投手戦の中、直球が「勝手に動く」という“天然”の変化球を武器に粘り強く投げ続けた日裏。しかし七回、とうとう相手打線に捕まった。

1死から四球を出すと、犠打と安打で2死一、三塁のピンチ。佐藤は何度もマウンドへ足を運び、日裏に声をかけ続けた。「自信を持って投げろ」「自分の全力で抑えにこい」。こん身の投球を島崎に中前に運ばれ失点。日裏は八回2死で降板し、打線の反撃もかなわず、甲子園は夢と消えた。

地元徳島の南井上少年野球部で、小学4年時に初めてバッテリーを組んだ。それから国府中、鳴門渦潮と約9年間、コンビを組んできたが、卒業後は日裏が就職、佐藤が進学と別々の道に進む。「愛太がいなければ、ここまでこれていない」と声を詰まらせた日裏。一方、佐藤は「一緒に甲子園目指して野球ができて良かった」といいながら「三振を取れるけど、四球も多いのが欠点のピッチャーでした」と一言。日裏の性格を考えて、ずっと厳しい態度で接してきたという女房役。最後までその厳しさを忘れなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加