豆柴の大群カエデフェニックスがグループ脱退

豆柴の大群カエデフェニックスがグループ脱退

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2022/11/25

豆柴の大群のカエデフェニックスが12月17日に開催されるワンマンライブ「WE MUST CHANGE TOUR FiNAL」をもってグループを脱退し、所属事務所のWACKを退所することが発表された。

No image

豆柴の大群。真ん中がカエデフェニックス。

グループのオフィシャルサイトではカエデからのメッセージが公開されており、「9月からMUST CHANGE PROJECTが始まり、グループ全体が大きく変わろうとしている中、自分がこれからも豆柴の大群としてステージに立ち続けていくことに自信が持てなくなってしまいました」と脱退の背景が説明されている。

なお新メンバー追加オーディション合宿企画「MUST CHANGE PROJECT」には最後まで参加するとのことで、「脱退する私はこの企画から離脱するべきなのではないか、とたくさん悩みました。しかし、応援してくれた皆さんに対して今できることはこの企画に最後まで取り組むことだと決断しました。特典会等にはどの形態のCDご購入でも参加できます。豆粒のみなさんには変わらず、これから先の豆柴の大群の未来のためにソロデビューしてほしいメンバーを応援していただきたいです」とつづられている。

カエデフェニックス 脱退報告の表示はこちら

豆柴の大群「WE MUST CHANGE TOUR」(※終了分は割愛)

2022年12月4日(日)千葉県 KASHIWA PALOOZA
2022年12月17日(土)東京都 ヒューリックホール東京

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加