ソフトバンク期待の「柳田2世」まさかのアクシデント ドラ2笹川が左足骨折、新人合同自主トレで

ソフトバンク期待の「柳田2世」まさかのアクシデント ドラ2笹川が左足骨折、新人合同自主トレで

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2021/01/14
No image

福岡ソフトバンクのドラフト2位、笹川吉康外野手(18)=神奈川・横浜商高=が14日、筑後のファーム施設での新人合同自主トレーニング中に左足を痛め、筑後市内の病院で親指の不全骨折と、中指の軽度の骨挫傷と診断された。

第2クール初日、五段飛びの測定で着地時に左足を巻き込み、その場に倒れ込んだ。その後、トレーナーらに両脇を支えてもらいながら、クラブハウスに引き揚げ、病院に向かっていた。

入寮時には「しっかり体づくりをしていきたい」と意欲を示していたが、思わぬアクシデントとなった。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加