阪神・藤浪 異次元スプリット!スピード、角度、落差抜群、147キロ野間斬り

阪神・藤浪 異次元スプリット!スピード、角度、落差抜群、147キロ野間斬り

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/22
No image

先発し、変化球を投げる藤浪

「練習試合、阪神4-3広島」(21日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が21日、今キャンプ初の対外試合に先発し、3回2安打無失点、3奪三振と好投した。変化球をテーマに登板。45球のうち、カットボール、スプリットなど変化球が半数以上を占めた。その中でも矢野監督、バッテリーを組んだ梅野はスプリットを絶賛。また復活への階段を駆け上がった。

スピード、角度、落差。藤浪の魅力がたっぷり詰まったウイニングショットは異次元の軌道を描いた。初回2死。147キロがストンと落ちてワンバウンド。スプリットに野間のバットはクルリとまわった。

「あの一球ぐらいですかね、ある程度思ったところに投げられたのは。自分がイメージしているより、ストライクゾーンに投げにいっているけど、ちょっと緩いというか、なでているという感覚で」

本人の自己評価は辛めだが、周囲の評判は上々だ。矢野監督は「まあ至って順調じゃないの。あの速さで落とされたら、バッターは簡単に打てない」。受けた梅野も「速いですよ、だって結構手前のワンバンだった。やっぱり三振を取れるというのは強み、すごい良かった」と仰天だ。

今キャンプ初の対外試合。スプリットだけでなく、カットボール、スライダー、ツーシームも2球投じた。球数45球のうち、変化球の割合は50%超え。テーマをマウンドで表現し、本人も納得顔だ。

「真っすぐもある程度安定しているというか、だいたいのところにいっていた。その中で変化球を使えたかなという。やりたいことはある程度できた」

初回は1死から味方の失策、二回もアンラッキーな安打で出塁を許した。三回には安打と暴投などで1死三塁のピンチ。左打者内角へ制球が乱れるシーンもあったが、もろさは消えつつある。気持ちを切り替えて無失点に。右打者への抜け球もなく、左7人を並べた広島打線を封じ込めた。

「梅野さんが刺して助けてくれたのが2回もあったので。自分は粘ったというより助けてもらった部分が大きいですけど、落ち着いては投げられました」

3回2安打無失点3奪三振。結果、内容が求められる中、最速156キロを計測した直球に加えて、変化球のメドも立った。「今日は自分の中で課題が見つかった。次回以降に生かしていければ」。高橋、アルカンタラの開幕は絶望的。先発陣の危機に、藤浪が開幕ローテ入りへ、また一歩近づいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加