「阿部さんにイメージ確認した」巨人立岡1号3ラン

「阿部さんにイメージ確認した」巨人立岡1号3ラン

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

巨人対阪神 5回裏巨人無死一、二塁、右越え3点本塁打を放つ立岡。投手桑原(撮影・鈴木みどり)

<巨人7-6阪神>◇16日◇東京ドーム

巨人は5回に下位打線が爆発した。

無死一、三塁、若林晃弘内野手(27)が右前適時打を放つと、2回には先制弾を放っている田中俊太内野手(27)が左翼線への適時打で続いた。若林は「ランナーが三塁にいたのでバットに当てれば何とかなるという割り切りで思い切っていきました。つなぐことができて良かったです」。田中俊は「前の打席もしっかり振れたので、投手が変わっても同じ気持ちでしっかりと強く振りにいきました。追い込まれていましたが、なんとかねばって打てましたね」とコメントした。

適時打の2人を塁に置き、続いて打席に入った立岡宗一郎外野手(30)が、右翼席へ1号3ランを放ち、この回一挙5点を奪った。立岡は「打席に入る前に阿部さんにボールの軌道イメージを確認しました。うまく打てたと思います」と笑顔を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加