【安永聡太郎】リーガ首位のR・ソシエダは何が凄いのか? 新戦力シルバがもたらした“劇的な効果”とは――

【安永聡太郎】リーガ首位のR・ソシエダは何が凄いのか? 新戦力シルバがもたらした“劇的な効果”とは――

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/11/21
No image

ソシエダを昨シーズンに続いて躍進に導いているアルグアシル監督。(C) Getty Images

No image

技巧派揃いのソシエダでは異質な“汗かき役”のポルトゥもシルバによって、より生かされている。(C) Getty Images

No image

シルバとともにチームに経験値をもたらしているのが左SBのモンレアル(右)だ。(C) Getty Images

No image

シルバ(左)とオジャルサバル(右)を中心とした組織的な攻撃サッカーでリーガの首位を走るのがR・ソシエダだ。(C) Getty Images

現在、ラ・リーガのトップを走っているのはレアル・ソシエダだ。

昨シーズン、飛躍を遂げてヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得した。少しだけ昨シーズンを振り返ると、今シーズンからレアル・マドリーに戻ったノルウェーの至宝と呼ばれるウーデゴーがポジショナルプレーの王様として活躍した。

ただ、彼はロックダウン後のリーグ再開以降、膝を傷めた影響があり、実はあまりパフォーマンスがよくなかった。それでも、いろいろと試行錯誤を繰り返しながら、ギリギリの戦いをチーム一丸となって乗り越え、EL出場権を得られた。今シーズンの好調は、昨シーズンの経験があったからだと考えている。

今シーズンの変化としてはウーデゴーがマドリーに戻り、クラブとして「どうしよう?」というなか、マンチェスター・シティからダビド・シルバを獲得できたのが大きい。

ヴィッセル神戸やイタリア行きの話題があったりしたけど、ソシエダにとってはこの洗練されたベテランが入ったのは最高によかった。やっぱり若手への影響力は絶大だから。昨シーズンも3、4節目くらいにアーセナルから左SBのモンレアルを獲得してから、サリーダ・デ・バロン(直訳は「ボールの出口」。ビルドアップに似た言葉で、攻撃の始まりを表わすスペイン特有の表現)が安定した。

【動画】2人抜きからの絶妙スルーパス!ポルトゥのゴールを演出したシルバのスーパーアシスト今シーズンもシルバというさまざまな経験値を持つ選手が補強できたのが大当たり! まだ終わっていないけど、仮に大成功でシーズンが終了すれば、この補強が一番の理由になるし、すばらしいフロントの功績になるはず。

昨シーズンのウーデゴーはオランダでの活躍が認められる形で、久しぶりにスペインに戻ってきて「自分がどういうことができて、どう見られたいか」の段階だったから欲が大きかった。彼と違い、シルバはもう達観している段階なので今さら自分を必要以上にアピールする必要はないし、チームのための働きを安定して実践できる。常に肩の力が抜けた状態なので、「ほら、やってごらん」と次の選手のためのテンポで振る舞うことができる。

シティでもポジショナルプレーをやっていて、ソシエダにはペップのもとで学んでいたものがそのまま生かせる環境ができていた。今シーズンのチームの好調は、シルバの才能と経験がうまく上乗せされる形になっているからだという理由が大きい。

今シーズンはスタートから用いられている5人の交代枠を活用し、うまく若手を使いながらチームをいい方向へと導けているアルグアシル監督の采配も光っている。

スタートはバジャドリーと1‐1で引き分けて重たい感じだったけど、2節のレアル・マドリー戦では昨シーズンの戦い方を取り戻して0‐0で引き分けた。次のエルチェには3‐0で勝って「いよいよエンジンがかかったかな」と感じたタイミングで不調のバレンシアに0‐1でやられたけど、そこからリーグ5連勝している。ちなみにELは2勝1敗だ。

シルバが前線をコントロールしているからフォワードのオジャルサバルが生き生きとプレーしているよね。右ウイングには、槍型のポルトゥが昨シーズン以上に存在感を見せ、控えのヤヌザイもタイプの違いをピッチ上でうまく表現していい働きをしている。

このチームのウイングは、基本的に右サイドなら右利き、左サイドなら左利きを置くことが多い。だから、サイドからの仕掛けは低いグラウンダーのボールをGKとDFラインの間に入れること、そして、逆サイドのウイングが斜めにペナルティエリアに侵入してゴールを狙うことが約束事になっている。

さらに、今シーズンはウイングに逆足の選手を置くことも積極的にトライしているし、一つの戦術として幅を広げているのが試合から明らかに伝わってくる。そういう変化によってピッチ上で何が起こって、監督は何が狙いなのかをシルバが右のインテリオールでプレーすることで円滑に表現できていると感じている。 今シーズンはオーバー30の主力がダシルバとモンレアル、イジャラメンディだけなんだよね。

あとは20代前半から半ばの選手が多数。試合を追っていると、若手育成の面では「へぇ、こんな選手がいたんだ」と思うことが時々ある。実は、ソシエダのBチームの監督はシャビ・アロンソなんだけど、彼の存在も大きい。

近年、明らかに上向いた育成に経験豊富なシャビ・アロンソが加わったことが若手の躍動の要因の一つなんじゃないかな。久保建英がいるビジャレアルもそうだけど、中堅クラブの中で育成の質、表現しているフットボールの質の両立を果たせているのはこの2チームに共通しているところだと思う。

本当に、ソシエダのフットボールは教科書以外の何物でもない。

当然、ベテラン二人が果たす役割も戦術的に違うし、立ち位置にも違いがある。たとえば、モンレアルは同サイドの選手と同じレーンに立たないようなポジショニングを意識して、サリーダ・デ・バロンを円滑にしている。ただ昨シーズンはその先の苦しいときにウーデゴーがその局面を打開して良い流れを生み、ゴールにつなげていたことがたくさんあった。

だからと言って、今シーズンはその役割をシルバが無理やり担っているわけではなく、違う打開の仕方をプレーで示せている。アルグアシル監督の戦術が浸透し、プレーとプレーの間のタイムラグが減ったことが好影響をもたらしているし、そこにシルバが加わることで、チーム全体のプレーのスムーズさがより増した。まさしく水の流れを止めないプレーでまわりの良さを引き出している。

彼が入ったことでペナルティアエリアにボールがグラウンダーで侵入する回数が増えた気がする。

ソシエダはサリーダ・デ・バロンで相手陣内に侵入していくときに前線の3枚が相手の4バックをピン止めする。そのルールとして4バックの間に立つことになっている。つまり、2CBの間、SBとCBの間という風に立ち位置をとる。そして、SBも幅をとるとき以外はサイドライン一杯まで開かないように心がけている。それは同サイドのウイングに対してSBが縦パスを送るときにサイドライン一杯に開くと巻いたボールを蹴りにくいからだ。

パターンとしてSBが縦パスを送り、それをウイングが素早く中央目掛けて低いグラウンダーのボールを放り込む狙いがある。昨シーズンで言えば、これで相手を押し込めないときやラインを下げられてブロックを組まれたときの崩しの変化は、ウーデゴーに任せっきりになっていたから、タイプの違うシルバが入ったことでポジティブすぎる変化が起こったことに驚いている。

ベティス戦(第6節)の1点目は典型的だった。

左SBのモンレアルが縦パスを受けたウイングのオジャルサバルが素早く低いグラウンダーのボールを供給して、右サイドのポルトゥが斜めに走り込んできてゴールにつながった。まさしくソシエダが「相手にどう驚異を与えるためのポジショナルプレーをしているか」を象徴するようなシーンだった。
このチームは各ポジションの立ち位置にもすべて意味があるし、その上でチームのプレーが成り立っていることを選手が理解している。相手の立場からすると、あんなシーンを見せられたらその後にSBは相手のインテリオール(インサイドハーフ)に対して食い突きにいけなくなる。そこに行けば自分の背後を突かれてしまうからだ。

ここは昨シーズンより精度が上がったし、チームとして無意識時におけるテンポやタイミングもそろったからスピードが上がった。確実に、サリーダ・デ・バロンから始まるゴールへのアプローチの質とスピードは高まったよね。しかも、どの選手が起用されても同じようなプレーができている。

ピボ(アンカー)はゲバラやスベルディアが務めることが多かったけど、最近はスピメンディという選手が起用されている。今シーズンはELを戦うから同じポジションに2人以上の選手をそろえている。それは昨シーズンのコロナ禍とウーデゴーのケガというしんどい状況でも若い選手を起用しながら戦い、目標にしていたEL出場権を獲得したことが大きな自信につながっている。

今シーズンの現状を見ているともしシルバが不在でも十分に戦えると思う。それだけ充実したチームのクオリティーがあるし、選手も育てながら経験も積ませ、結果も得ている。

開幕直後のシルバが出場できない時期に、10番のオジャルサバルがインテリオールを務めていて、「やっぱりサイドの選手だな」と観察していた一方で、だからとチームに不具合を起こすようなプレーをしていたわけではなく、きちんと機能していたからね。欠点を無理やり探すなら、右ウイングのポルトゥのようなゴリゴリに前に仕掛けられる槍型のファイタータイプが唯一いないくらいで、他はどのポジションにも2人以上の選択肢を持てている。
右ウイングのポルトゥは縦に汗をかける選手として希少性が高まっている。

しかも、彼はペナルティエリアにもきちんと侵入していける。ウイングタイプの選手はどうしても中央への侵入が少ないし、外からボールを放り込むと仕事が終わってしまう選手が多いなか、彼はゴール前にも貪欲に入っていける。そこが強み! ポルトゥが今シーズン、得点もアシストも数字を伸ばせているのは、シルバの存在が大きく、そこは本人もその影響を強く感じていると思う。

ソシエダの特徴は、オートマティックにこの状況だと選択肢はこれとこれとこれという風に3つくらいの共通認識があって、この選択をした場合はこれとこれとこれというように、どの局面でもある程度は選択するべき共通イメージが選手の中で重なり合っていること。なので、次の次の選手はボールが来たときに選択肢を見て予測・準備しておける。

しかし、相手もそれを予測して対応するわけだし、特にバイタルエリアやペナルティエリアではその選択肢を「0(ゼロ)」にしてくるけど、昨シーズンはそこをウーデゴーとオジャルサバルが「0(ゼロ)→1」を生み出していた。花形選手はそういうものなんだろうけど、今シーズンは進化したオジャルサバル、そして経験豊かで精神的にも余裕があるシルバが自分も周りも生かしながら「0(ゼロ)→1」を生む働きを行っている。
常にチームの選手たちが正しい選択をしている印象だ。

「チームとしてシーズンの戦略があって、その時々の選手の状態で戦術を用意できて、局面ごとに狙いがあって」という風にきちんと整備されているから、各選手が優先順位を間違えるケースが昨シーズンに比べると圧倒的に少ない。それが結果につながっていて、チームの自信にもなっている。だから、今シーズンはCL出場権獲得(4位以内)と、ELでの躍進も十分に期待できる。

シャビ・アロンソがBチームの監督をしていて、普通は彼に目を向けるから、アルグアシル監督の人間の器が小さいと下からの意見は突っぱねたい気持ちになるけど、監督自身もBから昇格しているからすばらしいコミュニケーションを取っているんだろうなと勝手に感じている。「選手時代の経歴と監督としての実力は別」と考えるサッカー先進国っぽい振る舞いに感心してるよ。

だから、同じポジションの選手たちがチームとして機能している。

もちろん質やプレッシャーに違いはあれど、機能性の面で判断すれば、みんなが力を発揮している。昇格した選手に対して、クラブも「これまでやってきたことを信じてやってください」と言えている。それが結果につながっている。「新しく、あなたの力を見せてください」というメッセージ性が立ちすぎていないところに、クラブとしての雰囲気の良さがうかがえる。

本当に育成のお手本だよ。

新しい選手が自分のプレーを「0(ゼロ)」から表現して、「一体オレに何を求めているほしいの?」「一体オレにどんなプレーをさせたいの?」ということがソシエダについては全くない。
このチームの凄さはゴールを狙う最終局面でも、チームとして選択肢が共有されていること。

ベティス戦の1点目をたとえに出したけど、サイドからの低いグラウンダーのクロスに対するパターンだけではない。たとえば、シルバのような逆足タイプが右サイドでカットインしたら、まず左サイドにいる選手は相手SBの背後を狙う。その象徴的なシーンがセットプレーの流れではあるけど、ウエスカ戦の1点目のPK獲得シーンだった。

シュートシーンを作る部分にも背後と内側というように、ある程度は選択肢を作っている点にソシエダのチームとしてのオーガナイズのすばらしさを感じる。

よくアイコンタクトと言って「試合中のコミュニケーション領域」に触れている人がいるけど、今はアイコンタクトもタイミングを合わせるツールであって、そこで「意思の疎通をはかろう」とするとスピードが遅くなるから、トップレベルの選手たちはそういう使い方をしてはいないと思う。

現代サッカーの局面は狭いスペースしかなく、選手のフィジカル能力が向上するなかで、「アイコンタクトで意思の疎通」をはかっていたら相手に対応されてしまう。極端な話、“プレー時に見たらダメ”な領域になってきている。見る作業は事前段階で終えていて、プレー段階では選択肢が絞りこまれている状態を自分で作れない選手はトップレベルでのプレーは難しい。
守備ラインの背後をとるのも「どのタイミングでとるのか」を予測しておいて、動き出したら味方同士でオートマティックに連動し合うプレーが実践できないと遅い。そのタイミングでは「見ないでもできる領域にならない」とトップレベルのチームを相手に主導権なんて握れない。ここはチームとして突き詰める必要がある。

これからは、「僕らが使っていた頃の意味でのアイコンタクトが死語になる」と思う。もちろん全否定するつもりは全くなく、ロングレンジでのプレーには必要だし、そこは間とか呼吸とかを合わせて通じ合うために「アイコンタクト」が重要になる。僕が言いたいのは昔オフトさんが伝えてくれた頃の意味合いとは変化しているということ。

今は「間接視野で見ておけよ」の時代!

短い時間で全部は見られないから、見ておく場所がチームとして明確になっているなら、それくらいは確認できる。そのカテゴリー、年齢によって多少の違いはあるが、クラブの監督はそのレベルで戦術を落とし込んでいかないと、きっとどんどん勝てなくなる。

間接視野で仲間を押さえといて、しっかりと動き出すタイミングを推し量ることができて、そして直前で状況に変化があったら「止めた」と切り替えられる選手が徐々に求められるようになってきている。ソシエダを見ているとそういうチームづくりがされていて、そういう選手を育成してそろえている。

今シーズンのリーガは今のところ、順位としてマドリーやバルサの上に他のチームがいる展開だから。-リーガファンからすると最高だよね。ソシエダ、ビジャレアル、アトレティコ・マドリー、グラナダのやっているフットボールがおもしろいし、いい感じのシーズンになっているから、今後もこの4チームを中心に楽しみに追っていきたい。

分析●安永聡太郎
取材・文●木之下潤

【分析者プロフィール】
安永聡太郎(やすなが・そうたろう)
1976年生まれ。山口県出身。清水商業高校(現・静岡市立清水桜が丘高校)で全国高校サッカー選手権大会など6度の日本一を経験し、FIFAワールドユース(現U-20W杯)にも出場。高校卒業後、横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)に加入し、1年目から主力として活躍して優勝に貢献。スペインのレリダ、清水エスパルス、横浜F・マリノス、スペインのラシン・デ・フェロール、横浜F・マリノス、柏レイソルでプレーする。2016年シーズン途中からJ3のSC相模原の監督に就任。現在はサッカー解説者として様々なメディアで活躍中。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加