広島・中崎翔太が六回に1死も取れず降板 佐藤輝に被弾するなど、ベンチで悔しさあらわ

広島・中崎翔太が六回に1死も取れず降板 佐藤輝に被弾するなど、ベンチで悔しさあらわ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

六回、阪神・佐藤輝に2ランを浴びた広島・中崎=マツダスタジアム(撮影・安部光翁)

(セ・リーグ、広島─阪神、25回戦、23日、マツダ)広島・中崎翔太投手(30)が3─5の六回に登板したが、1死も取れず降板となりベンチで悔しさをあらわにした。先頭・原口に中越え二塁打、続く佐藤輝に右翼の1階席と2階席の間の看板に直撃する特大の2ランを被弾。さらに梅野に左前打を浴び降板が告げられた。2016─18年までのリーグ3連覇に貢献した元守護神。Aクラス入りを争う大一番でパフォーマンスを発揮できなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加