隙間抜けパッ ”ど根性”サツキ開花 電柱カバーから「こんにちは」

隙間抜けパッ ”ど根性”サツキ開花 電柱カバーから「こんにちは」

  • 丹波新聞
  • 更新日:2021/06/09
No image

電柱のカバーの間をすり抜け開花したサツキ=2021年6月9日午前10時22分、兵庫県丹波市春日町黒井で

兵庫県丹波市春日町の電柱に巻かれたカバーの間を抜け、サツキが可憐な花をつけている。地域住民は「わざわざこんなところをすり抜けるなんて」とほほえましく見守っている。

国指定史跡「黒井城跡」の登山口。駐車場を彩るように周囲にサツキが植わっているが、数本の枝が上に伸び、黒と黄色の電柱カバーの間に”侵入”。さらに枝は成長し、カバーを潜り抜けて美しい花を開かせている。

登山を楽しみ下山した男性は、「不思議やね。でも、きれい」と目を細めていた。

丹波新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加