王位継承順位は?ノルウェー王室の主要メンバーをおさらい

王位継承順位は?ノルウェー王室の主要メンバーをおさらい

  • コスモポリタン
  • 更新日:2021/07/25
No image

ノルウェー国王ハーラル5世とソニア王妃の長男・ホーコン王太子が、7月20日で48歳を迎えるのを記念して、「Hearst Contents Hub」がノルウェーのロイヤルファミリーの面々をご紹介します。

No image

ドラマ化もされて話題に!

2020年から今年にかけ、ドラマ『Atlantic Crossing』(原題)がヨーロッパや北米で放映され、『ザ・クラウン』や『ダウントン・アビー』に夢中になったドラマファンの間で話題になっています。

舞台は1940年代、ドイツ軍によるノルウェー占領後のノルウェー王室。大戦中、国王ホーコン7世は母国を離れてイギリスに亡命し、息子オーラヴ王太子とともにどう闘うべきか戦略を練ります。

そして、オーラヴ王太子の妻マッタ王太子妃は、子どもたちを連れて渡米し、フランクリン・ルーズベルト大統領と親交を深め――というのがおおまかなあらすじ。

日本公開は未定ですが、いつか放送されることを願いつつ、ここで、現君主のハーラル5世(ドラマでは少年としてのみ登場)を含む、オーラヴ王太子とマッタ王太子妃の主な子孫たちをご紹介します!

No image

1. 国王ハーラル5世

ノルウェーの現国王であるハーラル5世は、御年84歳。1991年1月に父親のオーラヴ5世の死去に伴い即位しました。写真は、はとこにあたるエリザベス女王との1枚。

No image

2. ソニア王妃

1968年月29日、ハーラル王太子(当時)と結婚した民間出身のソニア・ハーラルセン。結婚で王太子妃となり、ハーラル国王の即位により王妃の称号を得ました。マッタ・ルイーセ王女とホーコン王太子の子どもをもうけ、6人の孫がいます。

ハーラル国王の即位後、ソニア王妃は数々の社会問題に取り組み、王妃としての公務に自身が持つ芸術への関心を組み合わせてきました。

No image

3. ホーコン王太子

ホーコン王太子は、ハーラル5世とソニア妃の第二子。唯一の男子で、王位は彼が継承する予定となっています。

なお、1990年の憲法改正により、男性優位の王位継承は廃止となりました。ノルウェー王室のウェブサイトには、「1990年の憲法改正に伴い、男女の区別なく第一子が王位継承順位第1位となる」と書かれています。

ただしこれは過去に遡って適用されるものではなく、「新改正の施行に関連して、1990年以前に誕生した子どもたちには、旧法の規則を適用することが決定された」とのこと。

よって、姉のマッタ・ルイーセ王女ではなく、ホーコン王太子が王位を継ぐことになっているのです。

サイトではまた、王太子はサーフィン、スキー、音楽が大好きで、公務は「ノルウェーのビジネス、若者とダイバーシティ、自然――特に海洋問題と気候変動問題」に焦点を当てているとの記載も。

No image

4. メッテ=マリット王太子妃

2001年8月25日、ホーコン王太子はメッテ=マリット・ヒェッセム・ホイビーと結婚。二人の間には、イングリッド・アレクサンドラ王女とスヴェレ・マグヌス王子の2人の子どもがおり、メッテ=マリット王太子妃の前夫との間に生まれたマリウスも育てています。

王室によると、王太子妃は「ソーシャル・インクルージョンやメンタルヘルス、(若者の)リーダーシップ、世界的な健康問題、アントレプレナーシップ(起業家精神)、環境問題を含む、国内外の幅広い問題に深く関わっている」とのこと。

No image

5. イングリッド・アレクサンドラ王女とスヴェレ・マグヌス王子

両親であるホーコン王太子とメッテ=マリット王太子妃と写真に写っているのが、イングリッド・アレクサンドラ王女とスヴェレ・マグヌス王子。

王女は2004年1月生まれで、前述の1990年の憲法改正により、王位継承順位は父親のホーコン王太子に続いて第2位。現在は学校に通っているものの、王室メンバーの代理としてすでに公務へも出席し始めています。

No image

6. アストリッド王女

ハーラル国王の姉であるアストリッド王女は、継承順位こそ持たないものの、ドラマ『Atlantic Crossing』では重要な役どころとして登場しています。

姉のラグンヒル王女もドラマに登場しますが、2012年9月に亡くなっています。

※この翻訳は抄訳です。

Translation: Saeco.Y

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加