吉沢亮『青天を衝け』に沸く地元「アジャコング以来」

吉沢亮『青天を衝け』に沸く地元「アジャコング以来」

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2021/02/21
No image

吉沢亮

ついに始まった2021年のNHK大河『青天を衝け』。“日本近代資本主義の父”と呼ばれる実業家・渋沢栄一が歩んだ激動の生涯を描く物語。

【写真】俳優人生変えた『仮面ライダー』に出演、茶髪“チャラ男”の吉沢亮

ガス、電気、銀行、ビールなど、私たちの生活と密接に関係する多くの企業の設立や経営に携わった渋沢。その数は生涯で約500社にわたり、福祉や教育活動にも尽力し、ノーベル平和賞の候補にも2度ノミネートされたことがあるほど。そんな偉人・渋沢を演じるのは“国宝級イケメン”と称される吉沢亮だ。

押しも押されもせぬ人気俳優の吉沢が生まれ育ったのは、東京都昭島市。男4兄弟の次男として生をうけた。都心から少し離れた自然豊かなこの土地で、少年時代を過ごしたけれど、その学生生活はちょっと特別だったよう。中学時代の同級生が明かす。

「もうめちゃくちゃモテていて、学校中の女の子が毎日のように吉沢クンのクラスまで見に来るんです。吉沢クンが昼休みに机に突っ伏して寝ていると“キャーキャー”言ってるから“うるせぇよ。あっちいけよ”と不機嫌そうに言っていたのをよく覚えてます。そんな、冷たい吉沢クンもカッコよかったぁ……」

学年の3分の1の女子から告白

吉沢自身もテレビ番組で「学年の3分の1から告白された」と語るほど。黄色い声援には、うんざりしていたのかも。憧れていたのは女子生徒だけではないようで、

「あの甘いマスクで、3年生のときにはバスケ部のキャプテンだったからね。学校の外でも後輩らしき女の子から“あっ吉沢先輩だ。吉沢せんぱ~い”って声をかけられているのを見かけましたよ。うちの息子もバスケ部だったんだけど“俺が吉沢先輩だったらなぁ……”ってよくボヤいてました(笑)」

と話すのは、吉沢を小さいころから知っているという、地元で昔から商売を営む男性。続けてこんなエピソードを明かす。

「とってもいい子でしたよ。明るくって人気者でね。中学校の体育祭では3学年を縦に3組に割って競うのですが、亮はそのひとつの応援団長だったんです。応援団長は人望がないと、選ばれないんですよ。亮はみんなから羨望の的でね。バレンタインデーとか大変だったんだろうなぁ」

学校ではまさにヒーロー。それほどならば調子にのっちゃう気もするけれど……。吉沢が小学1年生から9年間通ったという剣道場の館主は、

「人の話をちゃんと聞く素直な子でした。お兄ちゃんが通っていたから、その流れで来るようになったと記憶しています。筋がよく、公式大会では優勝したこともありました。ただ、指導していた師範に聞くと、隠れて上手にサボることもあったそう (笑)。弟さんも通っていたんですが、手ぬぐい巻いて、お面をつけてと、よく面倒を見ていましたね」

と、弟思いの人柄も語る。そんな輝かしい青春も高校では暗転する。

「中学時代の友人が誰もいない高校に行ったことで、うってかわって人見知りがすごくて周囲とはまったく話さなかったんだとか。自身で“スクールカーストの底辺”って言うぐらい。騒いでるグループを見ては冷めた目で見ていたと、当時を振り返っています」(テレビ誌ライター)

環境の変化になじめぬまま、暗い日々を過ごしていたようだが、転機となったのは母親のひと言だった。

「2009年にお母さんのすすめで芸能事務所が主催のオーディションに応募したんです。オーディションでは携帯で音楽を流し、急ごしらえのロボットダンスをしただけ。それでも特別賞を受賞したのは、当時から目を引く存在だったということでしょう。本人は賞金目当てだったようで、特別賞には賞金がないことを嘆いていました(笑)」(芸能プロ関係者)

2010年には俳優として舞台デビューし、2011年には『仮面ライダーフォーゼ』に出演。

「出演が決まったときに、真っ先に連絡したのは家族だったそうです。いちばん下の小さかった弟がライダー好きで“自慢の兄貴になれたかな”ってうれしそうに話していたのが印象的でした」(テレビ局関係者)

2013年にはTBS系の深夜ドラマ『ぶっせん』で初主演を務めるも、同ドラマが舞台化されたときには苦い思いも。

「初の主演舞台で、お客が半分も入らない日があったよう。当時は19歳で、座長としてもうまく立ち回れない自分が悔しかったみたい。そこから役者としての意識が変わったんだとか。メキメキと力をつけて、2018年の映画『リバーズ・エッジ』では、いじめられっ子のゲイの高校生という難しい役どころを熱演し、『日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞。2019年にはNHK朝ドラ『なつぞら』で主人公の幼なじみという山田天陽役を好演し、“天陽ロス”と言われる社会現象まで起こりました」(前出・テレビ誌ライター)

2019年公開の映画『キングダム』では、『日本アカデミー賞』最優秀助演男優賞だけでなく、複数の賞を受賞。今や勢いのある俳優のひとりだが、それでも吉沢の人柄は変わらない。柄本佑と共演した舞台ではこんな話も。

「吉沢さんは休憩中にコンビニで塩おにぎりを買って食べていたそうなんです。それを見かねた柄本さんが、妻の安藤サクラさんに頼んで手づくりの塩おにぎりを握ってもらい、差し入れたそう。それを機に仲よくなって、柄本さんの家に遊びに行くこともあるようです」(前出・芸能プロ関係者)

アジャコング以来の有名人

『ONE PEACE』や『NARUTO』といった王道の少年漫画が好きで、対戦型のゲームでは、俳優仲間を蹴散らすことも。聞こえてくるのは、どこにでもいる青年の姿なのだ。それは地元・昭島市にいたころから変わらない。前出の地元男性は、

「デビュー後もまったく偉ぶらないんです。亮の成人式には僕も来賓で呼ばれて行ったんだけど、わざわざ僕を見つけて挨拶しに来てくれてね。“おかげさまで無事、成人できました”って。

毎年、夏には町内でお祭りがあって、亮も神輿を担いでくれていました。近所のおじさんとも写真を撮ったりね。彼の出身中学の卒業生で今まで有名だったのは、女子プロレスのアジャコングだったけど、それ以来の有名人で、今や昭島市の誇りですよ。大河ドラマを見るのが毎週の楽しみです」

2024年には“新1万円札の顔”となる渋沢翁。“今年の顔”となる吉沢からも目が離せない。

週刊女性PRIME

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加