【MLB】“連敗ストッパー”大谷翔平、8回無失点で6勝目 自己新13Kの圧巻投球に球場騒然

【MLB】“連敗ストッパー”大谷翔平、8回無失点で6勝目 自己新13Kの圧巻投球に球場騒然

  • SPREAD
  • 更新日:2022/06/23
No image

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は22日(同23日)、本拠地でのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「2番DH・投手」で先発出場。8回2安打無失点、13奪三振の好投で今季6勝目を挙げた。打者としては3打数1安打2四球で打率.260。試合はエンゼルスが5-0で勝利した。

◆「この男は普通じゃない」連日の“大谷翔平劇場”に相次ぐ賛辞 対戦相手も脱帽「誰も真似できない」

■自己最多13Kで相手打線を翻弄

試合前、球団初のワールドシリーズ優勝から20周年の祝賀セレモニーが行われ、当時のマイク・ソーシア監督や主力選手らが来場。黄金期を支えたOBが見守る中、大谷がリアル二刀流で躍動した。

大谷は初回、走者2人を背負うも無失点に抑え、2回は3者連続奪三振。3、4、5回も打者3人で切り抜け、6回1死に四球を許すまで16者連続アウトを記録。7回はこの日最速となる99.9マイル(約161キロ)を記録するなど2奪三振。自己最多タイとなる12個目の三振を奪うと、ガッツポーズとともに雄叫びを上げた。

大谷はそのまま8回も続投し、自己新記録となる1試合13奪三振をマーク。この回限りで降板し、投球数は108球(ストライク71球)、防御率は2.90。また、この試合でMLB通算300奪三振に到達した。

打者としては第1打席に四球、3回の第2打席は内野安打を放ち3試合連続安打を記録。5回の第3打席は四球で出塁し、4番マキノンの先制打を呼び込んだ。7回の第4打席と8回の第5打席は三振に倒れた。

◆【実際の映像】大谷翔平、三振奪取でド派手にガッツポーズ 雄叫びを上げた12個目の奪三振と自己新13奪三振達成の瞬間

◆「この男は普通じゃない」連日の“大谷翔平劇場”に相次ぐ賛辞 対戦相手も脱帽「誰も真似できない」

◆大谷翔平の投球は「別次元に上昇中」 米メディアが球速アップと与四球減に注目

文・SPREAD編集部

Ohtani shows some emotion as he ties his career high in Ks @Angels | #GoHalos pic.twitter.com/SkvRzqXx4Y
— Bally Sports West (@BallySportWest)
June 23, 2022
from Twitter

CAREER HIGH, 13 K’s FOR SHOHEI OHTANI! 🔥🔥🔥

(🎥: @BallySportWest )

pic.twitter.com/0WnhXu93hl
— theScore (@theScore)
June 23, 2022
from Twitter

SPREAD

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加