堀ちえみ、未だ特定されていない病名「それほど重病ではないとは思います」

堀ちえみ、未だ特定されていない病名「それほど重病ではないとは思います」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/06/23
No image

タレントの堀ちえみが22日に自身のアメブロを更新。未だ病名が特定されていないことを告白した。

【動画】堀ちえみ、心労・疲労回復のため入院

20日のブログで、堀は「今日未明に下腹部の痛みで目が覚め、主人に大学病院の救急外来へ、連れて行って貰いました」と報告。「早朝からいろんな検査をしています」「PCR検査は陰性でした」とつづる一方で「やはり炎症反応がかなり高く、検査も含めて心労・疲労回復のためにも、入院することになりました」と明かしていた。

この日は「昨日の朝の炎症反応は18もあった」と報告し「まだ昨日は少し辛かったのだろうな」と推測。一方で、炎症反応について「今朝の結果では9」と数値が下がったことを明かし「白血球も減りつつあるので、点滴が効いているのでしょうとの、主治医の先生方のお話でした」と説明した。

一方で「細菌の種類が顕微鏡検査で、まだ特定出来ず」と明かし「病名も最終的に特定されない状況です」と告白。「まだ病名は出ていませんが、それほど重病ではないとは思います」と述べつつ「今落ち着いた環境で、点滴を受けながら、やはり今回の病気にも意味があり、必然だったのだなぁと痛感」とつづった。

最後に「愛犬三姉妹さんには、寂しい思いをさせてしまい…」「ごめんね。という思いでいっぱいです」と申し訳なさそうにコメント。「仕事でいろいろな方々に、多大なるご迷惑をお掛けしていますので、心苦しい」とも述べ「退院したらパワーアップします」と前向きにつづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「体調少し良くなられたようで良かったです」「ゆっくり身体を休めてください」「心穏やかに過ごして下さいね」「応援してます」などのコメントが多数寄せられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加