「相手を撃ち殺せば無期懲役だが、車を使えば量刑はさほど重くない」 最終局面を迎える7年目の山口組対立抗争 事件続発の裏にある“高齢化問題”

「相手を撃ち殺せば無期懲役だが、車を使えば量刑はさほど重くない」 最終局面を迎える7年目の山口組対立抗争 事件続発の裏にある“高齢化問題”

  • 文春オンライン
  • 更新日:2022/06/23

国内最大の暴力団「6代目山口組」が2015年8月に分裂し、離脱した「神戸山口組」との間の対立抗争状態は間もなく7年となろうとしている。しばらく対立抗争事件は鎮静化していたが、今年5月になってから神戸山口組の幹部の自宅への発砲や車両での突入など関西地方を中心に再び各地で続発している。

【画像】今年に入って日本で2番手の勢力を誇る住吉会の関功代表も死去。献花台には司組長をはじめ、多くの主要暴力団組長の献花と名札が

対立抗争は6代目山口組が優位に進め圧倒的な差をつけているが、神戸山口組も勢力を維持している。だが、いずれの事件も引き金となっているのは6代目山口組サイドのため、対立抗争に決着をつけるべく圧力を加えているものとみられる。

「最終局面」を迎えつつある分裂騒動だが、対立抗争の再燃が危惧されている。

No image

6代目山口組の司忍組長 ©時事通信社

◆◆◆

神戸山口組トップの自宅を回転式拳銃1丁で襲撃

神戸市北区の住宅街で、6月5日午後、十数発の拳銃の発射音が連続して鳴り響いた。

銃口が向けられたのは住宅街の一角にある神戸山口組組長・井上邦雄の自宅だった。兵庫県警の捜査員によって、玄関ドアに多くの弾痕が確認されたという。事件発生直後、近くの交番に拳銃を持って出頭した6代目山口組弘道会系の組員が銃刀法違反容疑の現行犯で逮捕された。

所持していたのは弾倉に6発装填できる回転式拳銃1丁だけだった。このため、銃弾6発を2回ほど入れ替えて撃ち尽くしたものとみられ、襲撃した側の執拗さがうかがわれる事件となった。

対立抗争をウォッチしてきた指定暴力団の幹部は、「神戸山口組のトップの自宅が狙われたのは初めてのこと。6代目山口組側のいら立ちの表れではないか」と指摘する。

銃撃、車両突入…すべての事件を引き起こしたのは

5月8日未明には大阪府豊中市の、神戸山口組ナンバー2で中核組織である宅見組組長の入江禎の自宅に車両がバックで突入。門扉を破壊したとして6代目山口組弘道会系組員が建造物損壊容疑で逮捕された。入江の自宅が標的となったのも初だった。

これまでも事務所などへの発砲や車両突入は多く発生してきた。だが、神戸山口組トップとナンバー2の自宅が続けざまに襲撃されたとの情報は、またたく間にSNSなどで暴力団関係者の間で拡散した。警察当局の組織犯罪対策を担当している捜査幹部たちは、情報収集に追われた。6月6日にも佐賀県内の神戸山口組傘下組織の事務所にも車が突入する事件が起きている。

同時に、神戸山口組から2017年4月に分裂して結成された「任侠団体山口組」(現・絆会)がターゲットとなった事件も続発。三重県伊賀市で5月10日、絆会組員が銃撃されて重傷を負ったほか、6月6日には神戸市長田区の絆会代表・織田絆誠の自宅に車が突入した。すべての事件は6代目山口組系の組織に所属する組員らによって引き起こされた。

なぜ建物への車両突入事件が頻発しているのか?

こういった対立抗争では、これまで相手を銃撃して殺害するなどで8人の死者が出ている。さらに、事務所への銃撃、火炎瓶の投げ込み、車両突入、繁華街での乱闘騒ぎなどの事件は約90件。対立抗争が原因ではない組織内での移籍をめぐるトラブルなども合わせると、100件以上の事件が起き、死者は十数人に上るとみられている。

最近になり抗争事件が続発していることについて、警察当局の幹部は、「なぜ事件が続くのかは不明だ」と前置きしつつ、次のような見解を示した。

「これまでも同じ傾向だったが、6代目(山口組)側が起こす事件ばかりとなっている。6代目有利という形勢がかなりはっきりしてきたなかで、さらに圧力をかけて決着というか、神戸(山口組)側にトップの引退、組織の解散などを迫るメッセージなのだろう」

また、近年は建物への車両突入事件が頻発していることについてはこう指摘する。

「拳銃で相手を撃って殺害すれば無期懲役の判決が多くなっており、厳罰化の傾向となっている。殺人未遂罪でも十数年の懲役が相場。事務所への発砲でも銃刀法違反罪の発射、加重所持などに問われ、それなりの懲役が待っている。一方で、車を使うと問われる罪は建造物損壊罪で量刑はさほど重くない。その割にはインパクトが大きいから車が使われるということだろう」

相次ぐ分裂による「勢力縮小」

事件続発は「6代目山口組側のいら立ちの表れではないか」と発言していた前出の指定暴力団幹部は、「対立抗争はすでに決着がついているようなもの。あとは(神戸山口組の)トップの決断次第。本人は『一人になっても最後までやる』などと発言しているようだが、まったく現実的ではない」と指摘する。

この幹部が指摘する通り、分裂による対立抗争の形勢は6代目山口組側が優勢な状況が続いている。警察庁が全国の暴力団構成員について取りまとめた最新データとなる2021年末時点で、6代目山口組は約4000人で、神戸山口組は約510人となっている。構成員数では8倍の差が開いてしまっているのが現実だ。

分裂当初は、6代目山口組は約6000人、神戸山口組は約2800人だった。近年の暴力団排除の社会情勢もあり、双方ともに構成員数は減少を続けてきたが、神戸山口組としては2017年4月に任侠団体山口組(当時)が約400人を引き連れて離脱したこともあり、減少傾向はさらに著しい経緯をたどってきた。このほか、山健組や池田組などの中核組織もその後に離脱。神戸山口組は勢力縮小を余儀なくされてきた。

ヤクザの分裂対立抗争が「長生き競争」に?

対立抗争事件の続発について前出とは別の警察当局の幹部は、「6代目山口組組長の司忍にしても、神戸山口組組長の井上邦雄にしても最高幹部が高齢となっていることも理由ではないか」との推測を披露する。

実際に司は今年80歳となり、井上も74歳。6代目山口組ナンバー2の若頭・高山清司は75歳となる。

「何も問題がなければ、司は80歳となったことで円満に引退して後進に道を譲ってもよさそうなもの。だが、分裂して出て行った神戸山口組との問題を決着させねば引退は出来ない。『高齢だから引退する』では神戸側の存在を認めることになる。若頭の高山は何とか神戸山口組を解散させて、司の花道としたいはずだ。高齢問題が最近の事件が相次ぐ原因とも考えられなくはない」(同前)

分裂対立抗争について詳しい関係者は、「このままでは、お互いの親分がますます高齢となっていく。どちらが長生きするかという争いになってしまう。言ってみれば、『長生き競争』の状態だ。ヤクザのケンカがそれでよろしいのかという考えもある」と強調する。

抗争が終結する前に「事件を起こして手柄としたい」という思惑も

前出の警察当局の幹部は、「事件の続発は抗争終結をにらんだ動きかもしれない」とも述べる。

「抗争が終結してしまえば、ケンカの相手がいなくなる。それでは自らの力を誇示する場がなくなる。終わってしまう前に『事件を起こして手柄としたい』という思惑もあるはずだ。傘下組織の中にはそうした考えもなきにしもあらずではないか」

こうした見立てを裏付けるように、ある指定暴力団幹部は「まだまだ、続きますよ」と不穏な見通しを述べている。(文中敬称略)

「結局はカネと人事の問題だった」 7年目を迎えた山口組対立抗争 なぜ日本最大のヤクザ組織は分裂したのか? 対立の裏にあった「名古屋支配」と「上納金」へ続く

(尾島 正洋/Webオリジナル(特集班))

尾島 正洋

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加