住宅裏の土手が崩落 けが人なし 宮崎県串間市

住宅裏の土手が崩落 けが人なし 宮崎県串間市

  • 宮崎ニュースUMK
  • 更新日:2022/05/14
No image

テレビ宮崎

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

13日夕方、宮崎県串間市で、土手が崩れ、住宅に土砂が流れ込む被害がありました。

けが人はいません。

13日午後5時10分ごろ、串間市大平に住む桑山優さん(87)から「裏山が崩れて土砂が家の中に流れている」と消防に通報がありました。

現場では、裏の土手が高さ約5m・幅約3mにわたって崩れ、桑山さんの住宅にも土砂が流れこみました。

桑山さんは1人暮らしで、当時、家にいましたが、けがはなかったということです。

県内では13日夜まで、断続的に大雨が降っていて、気象台が土砂災害への注意を呼びかけていました。

また、JR九州によりますと、14日朝早く、日豊本線の山之口駅と餅原駅間の線路脇の一部が陥没しているのが見つかり、復旧作業を行っています。

この影響で、田野駅と西都城駅の区間で上下線あわせて4本が運転を見合わせています(14日正午時点)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加