道枝駿佑 なにわ男子の記念日“なにわの日”に見た景色に感動「ジャニーズに入ってよかった」

道枝駿佑 なにわ男子の記念日“なにわの日”に見た景色に感動「ジャニーズに入ってよかった」

  • フジテレビュー!!
  • 更新日:2022/01/15

エンターテインメントの裏側に密着する番組『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』。Season4の第3弾として、なにわ男子が特集されている。

<連続ドキュメンタリー『RIDE ON TIME』の関連記事>

1月14日(金)の放送は、Episode2「三年目の奇跡」。

2021年11月12日に「初心LOVE(うぶらぶ)」でCDデビューを果たした関西出身の7人組、なにわ男子。最年長の藤原丈一郎は17年間、ほかのメンバーもさまざまな思いを抱えながらデビューを夢見て、関西ジャニーズJr.の活動を続けてきた。

そしてついに、CDデビューが決定。7月28日、“なにわの日”にサプライズで発表された、その瞬間に番組は密着した。

道枝駿佑が作詞した「Time View」にメンバーが重ねる思い

2018年10月に結成されたなにわ男子は、2021年7月に単独では初となる全国アリーナツアー「なにわ男子 First Arena Tour 2021 #なにわ男子しか勝たん」を開催。スタートの地・宮城の会場に姿を見せたメンバーは、これまでよりもはるかにスケールアップした舞台に「すごい」「広いね」と口々に歓声を上げる。

このとき、まだデビューは知らされていなかったが、なにわ男子の力量が試される大事な機会。今回のステージ演出を担当した西畑大吾は「大きいですね。会場に来ると全然ちゃいますね。広さもあるし。気持ちも上がります」と声を弾ませ、長尾謙杜は「何人入るんですかね?」とワクワクした表情を見せ、リーダーの大橋和也は「練習は本番のように、本番は練習のように。楽しく全力でやろうかなと思います」と意気込んだ。

楽屋では、藤原がメンバーに対し「できるだけお客さん、上のほうまで盛り上げて。結構傾斜があるから、全体的に上を見てあげて」と、アドバイスを送る場面も。

今回のツアーでは、30曲以上を披露。道枝駿佑が作詞、なにわ男子の絆を歌詞に込めた「Time View〜果てなく続く道〜」が初披露された。「どれだけ夢を見てきただろう」「不安が募って壊れそうになっても 横を見れば 君がいるから」。グループ結成から3年、ただひたすらにデビューを目指してきた自らの気持ちを表現した歌詞に、メンバーは格別な思いを抱いていた。

藤原は「たまに1人で聴くときにウルっとくる。特別な曲」、西畑も「僕たちの気持ちはあれなのよ。ちょっと涙出るもんね」と語る。その言葉を聞き照れ笑いする道枝は、作詞したときの思いを「腑に落ちない日とか、7人が納得いかない日々がいっぱいあったと思うけど、芸能界でやっていくしかないって思いながら(歌詞を書いた)。口下手だけどこう思っているんですよって。書いてよかったなと思いました」と明かした。

No image

ギャラリーリンク

この「Time View」のある歌詞を歌うとき、大橋は心掛けていることがあるという。それは「横を見れば君がいるから」、その歌詞に合わせ横で歌うメンバーを見ること。「『横見たら誰おんの?あ、メンバーや』みたいな。誰もこっち見てくれへんけど(笑)。ちらっと見てほしい。(自分の)気持ちでいってほしいから、みんなには言わないけど」と、願望を語った。

デビュー発表直後、ステージ裏で見せたそれぞれの姿

そして迎えた7月28日。宮城の会場よりもこの日の会場・横浜アリーナは広いこともあり、スタッフから「花道の長さがほぼ倍になっています。自力で走ってください」と言われ、「きついな~足腰が」と冗談を言うなど、まだデビューを知らされていない7人の楽屋は普段通り。

そんな彼らの夢がついに叶う時が来る。コンサート中盤、MCコーナーの最中に突然会場が暗転。「何?何?」とざわつく中、ステージ上のスクリーンに「CDデビュー決定!」の文字が。その瞬間、大きくガッツポーズを見せ、泣き崩れるメンバー。顔を真っ赤にしながら、互いに肩を抱き合い、輪になって喜びを分かち合った。

関西ジャニーズJr.からのデビューは、ジャニーズWEST以来、7年ぶり。大橋は「ホンマに良かったです。本当にありがとうございました」と声を振り絞り、ファンから大きな拍手が送られた。

さらに発表直後のステージ裏では、西畑が目を赤くしながら「(デビュー発表は)毎公演かすかな期待はもちろんありましたよ。もう無理っす。次の公演、目が腫れてる」と語り、その西畑が静かに涙を流す高橋恭平に寄り添う姿も。

また、悲願のCDデビューを掴み取った藤原が「長かったね、17年半。(これから歌う)『Time View』やばいっすね。歌詞が“どれだけ夢を見てきただろう 叶うはずがないと思っていたあの頃を 思い出しては考えないフリをした”それが現実となる。みっちー(道枝)に感謝やわ」と目を潤ませた。

それぞれがあふれる感情を胸に「Time View〜果てなく続く道〜」を歌いあげるメンバー。大橋が「誰もこっち見てくれへん」と語っていたソロパート「横を見れば君がいるから」の部分では、全員が大橋と目を合わせる。これには、そこまで目を潤ませながら気丈に歌い上げていた大橋も涙を見せた。

No image

ギャラリーリンク

公演後、道枝は「正直言うと、『Time View』を書いたのは、7人の思いもあってというのもありますけど、みんなと泣きながら歌いたくて書きましたから」と告白。「みんなで泣きながら歌えてよかったです。…たぶん、お客さんは歌詞(の思いが)入ってこうへんかったと思いますけど(笑)」と笑い、「それでもファンの皆さんが泣きながら見てくれていたので、ジャニーズに入ってよかったなと思いました」と、喜びを語った。

デビュー発表という記念日の密着映像に、「なにわの日の映像は…泣ける」「この日は一生忘れられない宝物」「改めて思うけど、関ジュ(関西ジャニーズJr.)を辞めないで、夢を追い続けてくれてありがとう」「改めてなにわ男子おめでとう!これからもずっと応援します!」と、SNSには涙を流すファンと、これからともに歩む決意をするファンのコメントで溢れていた。

次回、1月21日(金)は、CDデビューが決まったなにわ男子に湧き上がる意外な思いに迫る。求められるものが日増しに大きくなる中で吐き出される、彼らの本音とは。

<『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』は、FODで配信中(最新話は、期間限定で無料)>

フジテレビュー!!編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加