『有吉の壁』で明暗クッキリ! 面白い芸人・つまらない芸人が浮き彫りに...

『有吉の壁』で明暗クッキリ! 面白い芸人・つまらない芸人が浮き彫りに...

  • まいじつ
  • 更新日:2021/05/02
No image

(C)まいじつ

今、最も勢いのあるバラエティー番組『有吉の壁』(日本テレビ系)。番組出演者が固定化されつつあるが、ネット上ではレギュラー陣に対する品評が行われている。

【関連】『有吉の壁』三四郎・小宮が芸人の“秘密”暴露「離婚しそう」「大丈夫か?」ほか

まず評価が高いのは、『チョコレートプラネット』『シソンヌ』『空気階段』『ジャングルポケット』『パンサー』『さらば青春の光』『もう中学生』『とにかく明るい安村』ら。チョコプラはこの番組でエース格を張ったことによって、今の大躍進があると言っていいだろう。また、もともと知名度の高かったパンサーは、この番組で芸人としての評価が上昇。菅良太郎の安定感、尾形貴弘のメンタルの強さ、向井慧が意外と身体を張って頑張ることが、お笑いファンにウケているようだ。

『シソンヌ』『空気階段』といった、トークが中心のバラエティー番組ではなかなかハマらない芸人も、ネタ見せが主体のこの番組では大活躍。『有吉の壁』は、ネタは面白くてもテレビ番組ではイマイチな芸人が活躍できる場を与えている。

『四千頭身』『友近』には辛辣声

一方で、賛否が割れている芸人もいる。『四千頭身』『友近』『ハナコ』『ワタリ119』『きつね』『インポッシブル』らだ。友近は芸達者であるが、一回のネタ時間が長いうえ、若手主体の同番組では浮いた存在で〝腫れ物〟になっていることが原因。有吉弘行が気をつかっているようにも感じられると指摘され、視聴者からは忖度を疑う声も多い。

ハナコは『キングオブコント』優勝者の割にネタがあまり面白くないとの声が多い。トークや大喜利がダメすぎるために、ネタで見せ場を作るしかないハナコだが、そのネタのクオリティーにばらつきがあるために評価は割れているようだ。

四千頭身は、シュールなネタができる雰囲気を醸しているだけで、ネタはあまり面白くないと評判。〝実力派です〟という空気だけでいつも肩透かし。出演する割にはいつも登場時間が少なく、面白くなさ過ぎてカットされまくっているという説もあるほどだ。実際、四千頭身の出演シーンがHuluの未公開分に回ることは多い。

芸人としての能力が試される『有吉の壁』。この番組が面白さを測る基準となっていることは間違いない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加