エキパイの美しさも再現 1976年型ホンダ「CB400FOUR」が1/12スケールのプラモデルで登場

エキパイの美しさも再現 1976年型ホンダ「CB400FOUR」が1/12スケールのプラモデルで登場

  • バイクのニュース
  • 更新日:2021/10/14

「ヨンフォア」の中免モデル? 当時を懐かしむ声が聞こえそうな……

プラモデルやトイホビーなどの老舗玩具メーカー「AOSHIMA(青島文化教材社)」は、1976年に登場した排気量398ccの空冷直列4気筒エンジンを搭載するホンダ「CB400FOUR」を1/12スケールのプラモデルで再現し、2022年1月に価格3960円(税込)で発売予定です。

No image

AOSHIMAのプラモデル「1/12 ホンダ CB400 CB400FOUR-I・II '76」※画像は試作品です

【画像】プラモデルになったホンダ「CB400FOUR-I」「CB400FOUR-II」と実車の画像を見る(10枚)

AOSHIMAのプラモデル「ザ★バイク」シリーズに追加される「1/12 ホンダ CB400 CB400FOUR-I・II ’76」は、排気量408ccの直列4気筒エンジンを搭載した「ドリームCB400FOUR」(1974年)を、1976年に運転免許制度の改正に伴い、排気量398ccとしてラインナップされた「CB400FOUR-I」と「CB400FOUR-II」を再現したものです。

キットはセミフラットハンドルの「CB400FOUR-I」とスタンダードハンドルの「CB400FOUR-II」が選択式となっており、フレームマウントされたタンデムステップやサイドカバー、そして4本のエキゾーストパイプが1本に集合する、独特の曲線を描く「4 into 1」のエキゾーストラインなど、このモデルの特徴を再現しています。

また、シートはPVC素材を使用し、スプリングは金属製、シリンダーフィンは積層組み立て式を採用しています。

※ ※ ※

ちなみに、実車の当時の販売価格はいずれも32万7000円、国内生産計画台数は1000台(2機種)でした。

バイクのニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加