「ASUS Vivobook Pro 16X OLED」は、16型で16:10の4K OLEDにRTX 3050まで積んだ最強ノートPC

「ASUS Vivobook Pro 16X OLED」は、16型で16:10の4K OLEDにRTX 3050まで積んだ最強ノートPC

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/11/25

ASUSは11月24日、2021-2022年冬モデルのノートPC群を発表した。全機種が有機ELディスプレー(OLED)を搭載しているのが最大の特徴である。

中心モデルとなるのが、この「Vivobook Pro」シリーズで、高解像度のOLEDを採用した上位モデルが「Vivobook Pro 14X/16X OLED」、下位モデルが「同Pro 14/15 OLED」だ。

No image

世界初の16インチで16:10、そして4K HDRの有機ELディスプレー搭載!

今回発表された16型のVivobook Pro Xは2モデルで、搭載するディスプレーは同じである。16インチの有機ELで、表面はタッチ非対応の光沢タイプ、解像度はWQUXGA(3840×2400ドット)つまり16:10の4K HDRである。

最大輝度は500ニトと明るく、今回発表となった他モデルと同様に、DCI-P3の色域100%、sRGB色域133%で、コントラスト比100万:1で応答速度も0.2msとなっている。さらに、ブルーライト低減とフリッカーフリーでテュフ・ラインランド認証、色再現のPantone認証を取得。そして有機ELで起こりがちなバーンインのリファイン機能、リスクを低減するPixel RefreshとPixel Shift機能も内蔵する。

この16:10のディスプレーはいわゆる黄金比率でとても安定感がある。もちろん精細で鮮やか、動画鑑賞にも写真編集にも、現在の最高レベルのモバイルディスプレーである。これを使ってしまうと、15型で16:9の4Kでは手狭にさえ感じてしまう。非常に効率よく仕事ができるディスプレーだ。

No image

原色の染料が並ぶ鮮やかな写真も、非常に美しく表現してくれる

No image

設定ユーティリティアプリのMyASUSでは、OLEDのケアを選択できる。

No image

ガンマ補正と色温度の補正、ブルーライトの軽減具合もユーザーが簡単に指定できる

Viivobook Pro 16 Xの2モデルの最大の違いは搭載するCPUで、M7600QCはRyzen 9 5900HX、N7600PCはCore i7-11370Hを搭載。ボディーカラーはそれぞれブラックとクールシルバーで固定である。搭載するGPUはともにNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop GPU。価格はRyzenモデルが19万9800円で、Core i7モデルは21万9800円。

CPUの違いから、USB端子のスペックが異なり、インテルモデルではThunderbolt 4(USB Type-C)、USB 3.2(Type-A/Gen1)、USB2.0×2だが、AMDモデルではUSB Type-CがUSB 3.2(Type-C/Gen1)となる。また、カタログスペック(JEITA2.0)のバッテリー駆動時間が、AMDでは15.7時間だが、インテルでは14.2時間と差が付いている。

本体サイズは360.5mm×259mm×18.9~19.5mmで重量は1.94kgだ。

No image

92万画素のWebカメラはスライド式のフタが付いていて(オレンジの部分)安心である

No image

インテルモデルはクールシルバーで、AMDモデルはブラック仕上げになる

No image

ファンの位置には吸気口が並ぶ。排気はディスプレーのヒンジ部で、後面に人がいても迷惑はかけない設計である

No image

Type-Aが3つにType-Cが1つだが、HDMI端子は別にあるので、特に不便は感じない。ACアダプターは120W出力と大きく、USB Type-C経由ではなく専用端子を用いている。

キーボードにアクセントカラー、タッチパッドは「ダイヤル」入りだ

本体は直線基調のデザインで、エッジが立ったシャープな印象的だ。キーボードは縮小したテンキーが配置されているが、「¥」キー以外はフルピッチで打ちやすい。

キーボード右奥の電源ボタンには指紋センサーが内蔵されており、登録すれば、電源オンのワンタッチでWindowsのログインまでが終了する。現時点で一番便利な認証方法だ。

左奥のESCキーはオレンジに、右側のEnterキーには模様が入っていて、ちょっとオシャレである。キーの音は静かで、感触もいい。

No image

圧縮したテンキーと、色分けされたキーがアクセントでスマートな印象。タッチパッド右上の丸い印を左下方向にスワイプすると、ホイールが出現する

No image

Enterキーはゼブラ部分からバックライトの光が漏れるようになっている

No image

バックライトはF7キーで3段階に調節可能だ

No image

もはやこれがないとイラツクようになった指紋センサー内蔵の電源ボタン。ワンタッチでWindowsのログインまで済む

タッチパッドの右上のマークをタップすると、パッドの左奥にバックライトでホイールが現われ、画面にもダイヤルが表示される。あとはホイールの周りと中央の丸ボタンを使って機能を選択して、微妙な調整や大胆な変化が自在にできる仕組みだ。

パッドの感度はとてもよくて気持ちいい。カチカチ音は大きめだが、クリック感は良好である。ただし、テンキーがあるにもかかわらず、パッドの左右位置が中央なので、メインキーのホームポジションだと、パッドが右にずれた位置となる。

No image

光るホイール登場

No image

点々の内側がホイールで、中央の丸は「決定ボタン」になる

No image

画面にはこのサークルが出現し、機能を選択→調整する

No image

ProArt Creator HubでASUS Dialの機能を設定。アプリごとにユーザーが指定できるほか、Microsoftホイールデバイスにすることもできる

CPUの回り具合は良好! RTXは3050だが安心感

速度計測はCore i7-11370H+RTX3050のインテルモデルで、ASUSのユーティリティーで最高速に設定し、実施した。

CPUの回し具合をみるCinebenchではR15で1083、R20で2709、R23で6986まで出た。ASUSの同じCPUを搭載しているバリバリのゲーミングノートとほぼ同じ値で、十分に高速で回っている。

3DMarkでは、TimeSpyで4573、FireStrikeで10484、WildLifeで16430と、RTX3070搭載のゲーミングノートの60%まで出ており、こちらも性能は十分発揮できている。

SSDはDiskMarkのマルチシーケンシャルリードが3556MB/sで、ライトが3017MB/sと、PCIe Gen3x4接続のタイプとして、きちんと速度が出ている。

No image

右のファンは90mm、左は65mmで排気は後方のみである。

No image

SSDはM.2なので、ユーザーが換装も可能(ただし個人の責任で)

No image

メインメモリーはボード直付けなので、最初から多めを選ぼう

No image

スピーカーはL字配置で70mm×2と大型である

No image

MyASUSで、ファンモードを3段階で指定できる。ベンチマークはパフォーマンスモードで実施したが、ロードによってファンが回るだけなので、ずっとうるさく回りっぱなしにはならない

No image

CinebenchではR15で1083、R20で2709、R23で6986

No image

3DMarkでは、TimeSpyで4573、FireStrikeで10484、WildLifeで16430

No image

SSDはDiskMarkのマルチシーケンシャルリードが3556MB/sで、ライトが3017MB/s(画面下)。PCMARKとGeekbenchもいい数字が出ている

バッテリーベンチは、MyASUSのパフォーマンスモードのまま、OLED輝度最高で6時間48分も駆動した。バッテリーの容量は96Whと大型ではあるが、重量2キロ切りで、これだけ大きく明るいOLEDをドライブし続けるのは大したものだ。

充電は同じ条件で、0から50%まで30分、70%まで45分、90%まで75分と非常に高速だ。ACアダプターは120W出力でありながら、よくここまで高速充電している。

ちなみにUSB Type-C経由での充電にも対応しているので試してみた。Ankerの超小型アダプター「Nano II 65W」でも、マシンを利用しながら充電が可能で、50%までが60分と120Wタイプの2倍程度の時間がかかったが、こうした製品でも充電可能なのは出歩くときにとても気が楽である。

No image

付属のACアダプターは20Vで120W出力。

クリエイターはもちろん 仕事の効率UPにもおススメの常用モバイルノートなのだ

個人的にはテンキーをなくして、キーボードを中央に持ってきて、microSDスロットを標準サイズにしていただけると、文句なしのマシンとなる(全機種黒でいいとも思います)。

Vivobookには普及価格帯のイメージがあるが、このVivobook Pro 16X OLEDは、ディスプレーはもちろん、CPUもGPUも高いパフォーマンスを出しており、フラッグシップといってもいい出来のマシンだ。重量も2kgを切っているから、持ち歩きも十分可能。クリエイターだけでなく、最高の「マイコンピューター」を探している人も、ぜひチェックしてほしい逸品なのである。

■関連サイト

ASUS

みやのプロ(@E_Minazou) 編集● ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加