道の駅の食材でスパイスカレーを作る 『道の駅庄和 梅こぶ茶豚カレー』

道の駅の食材でスパイスカレーを作る 『道の駅庄和 梅こぶ茶豚カレー』

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/02/23

ドライブ中に地元の特産品が豊富にあり、レストランも併設している道の駅に行くのはちょっとしたエンターテイメントだ。

画像をもっと見る

■道の駅庄和でスパイスカレー

No image

特産品は多くの道の駅で野菜から肉、魚まで豊富にあるが、そんな道の駅の食材でいま流行りのスパイスカレーを作ったら、各道の駅で絶品のカレーが作れるに違いない。

No image

そんな道の駅スパイスカレーを作る第1回目は、埼玉県春日部市にある『道の駅 庄和』でやってみたぞ。購入したメインの商品は2品だ。

関連記事:カレー通のゲイバーママが絶賛 鳥取『asipai』のスパイスカレーが激ウマ

■メインの食材は2品

No image

まず1品目は、春日部市からほど近い埼玉県小山市産の豚肉『おとん』。柔らかくてジューシーな肉質が特長で、あまり煮込まずに使うと肉の美味しさが存分に味わえる。

No image

2つめは春日部市の茶園『おづつみ園』の特撰梅こぶ茶。梅こぶ茶は梅の爽やかな酸味と昆布の旨味、抹茶の香りをカレーに与えてくれるため、出汁がわりに使うととても美味しくなる。

■作り方を動画で解説

道の駅に売ってる物をテーマにスパイスカレー作り1回目は春日部市『庄和』。春日部市産の梅昆布茶と、近隣栃木県産豚肉おとんで。梅の風味と昆布茶と豚の旨味にスパイスが絡んでウマい。 #スパイスカレー #カレー #料理好きな人と繋がりたい #料理記録 pic.twitter.com/Ng61YVa9OE
— 熊田熊男 (@yamasan15588510)
February 18, 2021
from Twitter

作り方は、クローブとグリーンカルダモンを強火で油に入れ香りを出し、玉ねぎ1人前につき4分の1個をあめ色になるまで炒める。

次に火を止めてコリアンダーパウダーを大さじ1、ターメリックとチリパウダー、塩を一つまみずつ入れて弱火にし、2分ほど炒める。次に豚肉100グラムと梅こぶ茶を1杯分入れ、10分ほど煮込んだら完成である。

■梅こぶ茶のカレーはアリ

No image

気になる味だが、スパイスの香りと豚肉の相性は言うまでもなく、それに梅こぶ茶の複雑な味わいが合わさって最高にウマい。

スパイスカレーはトマトを使うレシピも多いが、梅こぶ茶で酸味と旨味を足すのもおススメ。気になる人はぜひやってみてほしい。

・合わせて読みたい→いま最も流行のお酢入りカレー『ポークビンダルー』の超簡単な作り方

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加