東京学館新潟が新潟青陵にコールド勝ち、4番抜てき神保の公式戦初弾で勢い

東京学館新潟が新潟青陵にコールド勝ち、4番抜てき神保の公式戦初弾で勢い

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

逆転本塁打で生還し、次打者とタッチする神保(右)

<高校野球春季新潟大会:東京学館新潟11-1新潟青陵>◇3日◇2回戦◇鳥屋野運動公園野球場

東京学館新潟が新潟青陵に11-1の5回コールド勝ちした。4番に抜てきされた神保智哉捕手(3年)の公式戦初本塁打で勢いに乗った打線が爆発した。

初回に先制を許し、1点を追う3回1死三塁。神保が左翼へ逆転2ラン本塁打を放った。「ゴロを狙っていたが、高めの球が来たので振り抜いた」。神保は平静さを保ちホームを踏むと、次打者とハイタッチ。勢いづけられた打線は、この回、一気に7点を奪った。

本来の4番打者、四方渚人(3年)は軽い体の不調のため、大事を取ってスタメンを外れた。代役で4番に抜てきされたのが神保だった。「4番は落ち着かなかったが、四方がいつも(走者を)返していたので、しっかり返さなきゃと思った」。主砲の重責を、自身公式戦初となる本塁打という最高の結果で果たした。

昨秋の県大会、第3代表決定戦。関根学園に2-3と惜敗し、北信越大会出場を逃した。9回2失点でのサヨナラ負けに捕手としての責任も感じていた。悔しさを忘れないように関根学園戦の動画を見ながらモチベーションを保ち、冬場の練習に臨んでいた。春は「優勝します!」と力強く話す神保。3回戦に向け「1点にこだわってやっていきたい」と意気込んでいた。【飯嶋聡美】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加